スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉛筆と私:三菱鉛筆UniとHiーUni

小学生の時は何も考えなくても全員鉛筆でしかも2Bでと学校で決まっていたので使ってはいたもののB以上の鉛筆の芯は(当時から筆圧が強かった)すぐ減るわ炭のようなカスが出て紙が汚れるわ手も汚れるわでどちらかと言えば扱いにくく好きではなかった。

今みたいに鉛筆用のグリップもなかったからすんごいペンだこができて「これって消えないんだろうなー・・」とか子供心に憂鬱になったりしたもんです。
※大人になったらしらんまに消えてたけど(うっすらそんな感じは残っているけども)


高学年になって細い字が書きたくてHや2Hあたりを使い出すようになり字の濃さが薄くなってよく怒られたりもしていました。

(それも字を書くということに関しては・・・であって絵を描くとなるとまた違うんですよねー。)

鉛筆卒業は小学生卒業と同時くらい。
今は小学4年くらいからシャーペン使ってるけど今みたいに安いのなかったしね。
そこからぜーんぜんといっていいくらい鉛筆から遠のいていた。
(マークシート式の試験の時くらいだね。使うの)


さて多分今後も鉛筆使うなんてないだろうなーとか思っていたらプリントゴッコの原稿に鉛筆が使えてしかも表現力があるのをわかってからにわかに鉛筆が気になりだした。

それまで持っていたのが

画像 2999


マークシート試験用に急遽買った三菱のBOXY(HB)
これは下書きにはいいんだけど版を作るときはB以上でないとあかんかったはず。
で、持っていたパントーンのどでか鉛筆(8B)で描いていたが細かく描くにはあの太さではやりにくい。

で、この歳で鉛筆を買うことに。


まずはHi-Uni(うちでは扱いがないのでイオン大日「BOOK ENDSさんにて)
そういやどうちがうんだろう?でうちの店でUni

画像 3000


最初にびっくりしたのがどちらもなめらかに削れるということ。
削ったあとの先って毛羽立ったような感じになるものしか使ってなかったからこんなに違うんだを実感。

削り器はコンパクトタイプを使ってる(ファーバーカステル)んだけどHi-Uniの方はまれに芯が割れたりするのも少ないような気がする。

画像 3001

(右がHi-Uni)

まだ使い始めたばっかで明確な差というのはわからないけど同じ4Bでも描いたとき少しHi-Uniの方が芯が柔らかい感じがします。


さて意外にも関西(地方)では価格帯の高いものは三菱鉛筆優勢でトンボ鉛筆は見かけない。
お客さんからMONO鉛筆の問い合わせは皆無に近いのだ。
いいものだから置けばいいのに・・・。

鉛筆って小学生時代の記憶が強いからずっと三菱鉛筆だから・・・てゆうのあるのかなー。





コメントの投稿

非公開コメント

「鉛筆からシャープペンシルへ」の転換点は、やはり中学生あたりになるのでしょうかね。「鉛筆からの解放」といえるのかも知れません(笑)。
で、大学の授業くらいまではシャープペンシルを使っていた記憶があるのですが、その後はボールペンがメインになり、「消せる筆記具」は再び鉛筆を使うようになっています。

小学校のころの「かきかたえんぴつ」はたしか3Bだったなぁ。メーカーはおぼえていません。その後、中学校に入ったときにプラスチックケース入りの「uni」をもらったような記憶があります。あまり書き味のちがいはよくわからなかったけど(爆)。
「Hi-uni」は1本だけ買ってみたことがありますが、なんだか削るのがもったいなくなって使ってません…。そういえば、塗装膜の硬さを測る(引っかいて傷がつくかどうかを調べる)ためのものとして、「Hi-uni」の全硬度セットが出ていたなぁ(カタログに載っていたような気が)。

「BUN2」に出てましたが、「Tombow」ブランドはけっこう韓国でも知られているようです。留学生の人が「トンバウ(と発音していた)は有名ですよ」と話していました。

それにしても、「BOXY」のロゴ、なつかしい…自分が中学生のときに新しいマークに変わったように思います。

かをるさん>

今いくつの人でも絶対に触ったことのある筆記具。
そして小学時代の思いでもそれぞれにあるでしょうねー。

BOXYは復刻版が出たときにあまりにも多い投入で余り気味だったので(笑)買ったものですが(まだ在庫が一部残っている)
あの時男性陣にはすこぶる好評でした。
(ボールペンは継続していたかもしれません。)

こうゆう文具メーカーオリジナルブランドもよく出てましたねー。
うーんと最近は「男の子」狙いのものって少ない気もしますねー。
主にスポーツブランドにいってます。

どーむの通っていた小学校はずっと全員鉛筆でした。
中学校になってシャーペン使うようになりましたが、大学に入って鉛筆回帰しました。

芯の濃さは基本的にHB、一時2Hなんて使ってました。
手の紙と接するところが汚れるのが嫌で硬いのに行ってました。

どーむさん>

鉛筆って字を書くとなるとなんか不便な感じのイメージがついちゃっててしらばく離れる時期がありますねー・・・。
でも絵を描くとなるとやっぱ鉛筆の方がいいんですよねー。
ちょっと凝りそうな予感がします。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。