スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと裏話

少し前にフリクションボール0,5mmが入荷。
せっかく欲しかった細字なのだ。
筆記見本は欲しいよねー・・・。

で、0,5mmと0,7mmの筆記見本を作って今日店にもっていきました。

画像は今回ないんですが
それ・・・ラミネートしちゃったんですよねー・・・・。へへへ。


はーい♪見事に消えました!

でね・・。これでめげてませんよ。
事務所の冷凍庫へ・・・。

で、復活!

これね・・・ちょい消えるインクの仕組みはわかってるけど・・

見本は筆記後と消したことろを作っていて
冷凍庫に入れて復帰したあとはまんま元通り・・・。

あれ?これ温度差?
じー・・と見ててわかってたつもりでもわかってないのか?の(偶然)実験になったのかなー?と思いました。

消えた(透明になった)インク。
でも付属ラバーで消すという意味がなにか他にあるのかもしれない・・と思ったのでした。




コメントの投稿

非公開コメント

フリクションのなぞ

おしりのラバーでこするのは「熱を加えるため」で、たぶんそれ以上の意味はないのではないかと思っています。

そういえば。
キャップ式のペンは普通、書くときは外したキャップを尾栓にかぶせてしまうので、フリクションラインもフリクションボールもラバーが隠れてしまいますよね。
最初は「だったらキャップにもラバーつけろや!」なんて思っていたのですが、使ってみて何となく理由が判ったような気がするのです。

ラインもボールも、インキは速乾性とは呼べない水性のもの。「間違った!」って思って慌てて消そうとしても、乾いていないインキはべろーっと伸びるばかりでなかなか消えてくれません。
だから、「尾栓に指したキャップを取り、ラバーでこする」というワンテンポで、少しでもインキの乾く時間を稼いでいるんじゃないかと。

……穿ち過ぎでしょうかねえ(笑)

他故さん>

うーんキャップにつける形だと力いれにくいですしねー。
ラミネートで消えたあと想像では先に消したところも戻ると思ってたんで「・・・?」と思いました。
まーでも見事に復活!おもしろいですね。(ホントは「アホやなー私」とかめげちゃいましたが)

わはははは~ラミネートしたらあかんでしょう(笑)

どーむさん>

直前に「やばくねー?」とは思ったんですけどね(笑)
まー元にもどるんだってことも経験したのでいいとしましょう。
ほんと不思議なインクです。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。