スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーラーペンクリニック:インクの出を調整してもらう。

さて今日と明日梅田の阪神百貨店でペンクリがあるのは知っていたのでワキ文具さんに行く前に寄ってはきていた。
自分がもう書けなくなったと思っていたペンを持ってはいったものの洗浄してみたら水が通ったのでもしや修理は必要ないんじゃないのかな?


行ってみたら大繁盛中。
うーん・・並んで聞くのもどうなんだろう?
で、コンバータも欲しかったのでカウンターの店員さんに相談。

「うまく出てるようなので大丈夫ですよ。」
あらら。なら診てもらう必要ないよね・・。とその時はその場をはなれワキ文具さんに・・・。






筆圧が問題なのはわかるんだけどもう少しなんとかならないかなー?
と帰りにまた寄ってみました。
(ワキ文具さんは阪神電車の野田阪神からもすぐ)

今日は川口明弘ドクターに診ていただきました・・・。
って!預かってる万年筆は皆軸の太い(てことは高ーいお品ね)ものばかり・・そうゆうお願いしてもいいのかなぁ・・・(汗)

で、D氏ぽい感じの男性ばかり並んでいる!ひぇぇぇ・・
皆さんお詳しそう・・・。

「インクの出を少し少なめにして欲しいんですが・・・」←超緊張!
「・・・いつ買ったの?」
「あ・・さっきです」←別のお店なんだけど(汗)
「・・!?」
ちょっと驚いた感じのドクターでしたが(そりゃそうか)ちょちょいとやすりでこすると・・・

20070921170359.jpg


ん!随分違う!

ドクターのお話によると
海外モノと国産モノの規格が違うこと。(同じEFでも当然字幅は違うということ)
紙に触れる面が海外モノは多いこと。
筆圧が強すぎること。(大汗)
「インクが出ない」という意識からつい強く書いてペン先を広げてしまうのだとか・・
で、インクが出すぎて字幅が太くなったのでした。


20070921170807.jpg

上が調整前。下が調整後。


国産ものしか触ったことなかったしこんなに違うなんて・・。はらー・・。
本来は本体の重みだけで充分書ける万年筆・・・そうなんだ。

勉強になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど~、ホント勉強しなくちゃです。。。

O田さん>

私たちは職人さんではないのでこうゆうビミョーな加減で熟練を要するものに手出しはできませんが
少しの工夫でより良くなるコツは知っておかなければいけないのかもしれません。
国産と海外の差を今回は思い知った感じ。

太字好みの方にはこの柔らかくインクフローも「ぐん」と出る感じはたまらないでしょうねー・・・。
てか(汗)
私は筆圧の加減を練習しなければ・・・ぬぬー・・・。

D氏です(w

お、川口ペンクリ行かれましたか。
川口さんの調整は手元でクイクイとやっているだけで、いつの間にか調整されているので正に神業。
筆圧かけちゃうとどんどん太くなるので、気持ち後ろのほうを持ってみると良いですよ~

どーむさん>

書いていると少しコツのようなものはわかりました。
またその感想もレポしますね。

FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。