スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年筆と私:趣味の文房具箱Vol.2

万年筆を初めて手のしたのは中学入学と同時だった。
だけどこれといって万年筆の扱い方を習ったわけではなくなんとなーく「こお?」で書いていた。
瓶のインクは付けペンに使うものだと思ってたし
メーカーもパイロット、セーラー、プラチナ。
海外モノはモンブランぐらいしか知らなかったしその当時も高かったのでお小遣いで買う・・お年玉で買う・・・なんてとてもとても・・・。
当時のセーラー「キャンディ」も確か買ったと思うんだけどなんだか万年筆っぽくないなー(←生意気)で使わなかった。


いい大人になってそれでも万年筆はまだまだ先だね・・。なーんて思ってたんだけどコンバータとZOOMオブジェクトをいただいたことでにわかに興味がわいてきた。

同時に「万年筆の扱い方」て本当のとこそんなに知らない・・(汗)
インク混ぜたらダメとかペン先はまっすぐあてて書くとか・・
人に貸さないとか(?)←一度貸してしまってとんでもなく書き癖がついてしまい書きにくくなった経験がある。

部分の名前とかブランドのこうゆうシリーズが云々とかの本はたくさんでてるのに基礎的な知識を与えてくれる本てないのかなぁ?




で、何がなんだかわかんないけど(こうゆうとこは大胆)趣味の文具箱のVol.2を手に入れてみました。

20070919193316.jpg


新旧のボールペン全550本・手帳とノート全130冊。
うーんカタログ的・・。
和田哲哉さんの「メモ&ノートの選び方・使い方」という記事も載っていますね。


20070919193649.jpg


商品がいっぱい載ってる本よりこうゆう記事がいっぱい載ってる本が欲しいなぁ・・。
書き心地とかは実際試してみないとわかんないし
インクだってどんなにうまく写真にとっても実際目にするものと違う。
これは筆記具全般に言えることだけどインクからペン先からその素材やらで何万通りもの筆記線のある万年筆。
書いても書ききれないでしょう・・・。

基礎がもっと知りたいです。


コメントの投稿

非公開コメント

自分の場合はもともと万年筆が苦手なので、あんまり関連書籍の中身をのぞいてみることもないのですが、「実用品」というより「骨董品」みたいな扱いだったり、なんだかよくわからない(文章で表現できるはずもない)「書き味のよさ」についてあれこれ(まわりくどく)書かれていたりするものが多いような気がします。
売り場にしても「男のこだわり文具」みたいなコーナー展開をしていたり、とか(どうせ、自分には縁のない世界だ<爆>)。
こういうのって、「とっつきにくさ」をわざと出したほうが売れたりするのでしょうか? 言葉は悪いけど、文具系の本は「ハッタリ」をかませてどれだけ、の世界なのかなぁと、意地悪く考えたりもします(飛行機の機内誌とかと似た雰囲気)。

「実用品」として筆記具を考えたら、自分は「書き味のよさ」というより「書きにくくないこと」「疲れないこと」を求めたいし、雑貨系文具の本みたいに「色や線の太さで楽しむ(遊ぶ)」といったものがあってもよさそうな気がするんですけどねぇ。これじゃやっぱり売れない?

かをるさん>

そうなんですよねー・・・。
見てると筆記具なの?と思うくらい軸は工芸品のようにキレイでペン先もすごいんですよねー。万年筆って・・。
で、ヘビーユーザーさんもいてるわけです。それもすごいな。

でも必ずもっと手に届くところのものがきっとあるともおもいますね。
まずは(いやこの先はいきませんが)基本的なことが知りたいです。

そうゆう本は売れないのかなぁ・・・?

>かをるさん

(特に男子向け)趣味雑誌に「ハッタリ」的文章表現は必須かと。(笑)
特にエ×出版さんは、以前より(バイク雑誌)その傾向がかなり強く、
その血統は「趣味の文×箱」にも
(決して趣味が良いとはいえない?!)雑誌のロゴ入りグッズ販売含め、
しっかりと受け継がれているような気がしてました。

しかしながら、趣味関連の書籍を長きに渡り発刊していることもあってか、
誌面の構成などは、けっこう好みです。(^^)

男的

ブンキチさん>

そう言えば印象的に男性好み的に紙面が仕上がってるのかなー?と思いますねー
でも写真がキレイ…
うっとりしてしまいます。
うーん(@_@)基礎をばっちり教えてくれる本てないのかな?

趣味の文具箱は良いですよ~
万年筆の基本って話ならVol.6でペン先を詳しく解説してますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/ttokondo/43409134.html

どーむさん>

うーむむ。
まだそのレベルまで行ってませんよ(泣)
扱い方の基礎からやらねば・・・。

万年筆に関しては勝手に入れてるだけで本部的には撤退してるような感じですからねぇ・・。
学ぶところがないわけです。
これではお客さんに失礼ですからなんとかしなくちゃ!
↑仕入れときながら今頃・・(爆)

趣味の文具箱 Vol.2について

趣味の文具箱 Vol.2

どこで手に入れたか教えていただけないでしょうか?

Joyさん〉

どもーはじめまして。
趣味の文具箱のバックナンバーはアマゾンのオークションで入手しました。
普通にアマゾンで検索すると出品者があれば出てきますよ。
大変参考になるのでオススメです。(価格にびっくりしますが…)

ありがとうございます

わっし~さん>

早速の返信、ありがとうございます。

最近、古いペリカンに興味があり、どうしても欲しくなりました。
やはり2倍の値段で買うしかなさそうですね…。

年末に奇跡的に某文具店の棚の最下段に
埃をかぶった「趣味の文具箱 Vol.1」を発見しました。

joyさん>

なんでもそうなんでしょうけど「デッドストック」はお宝ですねー。
いつも出かければ隅から隅まで見るんですが「こ、これは!」なモノに出会えてないのでちと悔しいかも・・・。
案外なんですがヴァンガードヴィレッジなどもチェック対象かも。
お急ぎでなければ少し探してみるのも楽しいですよ。

昨日、ついにゲットしました。
ユーロ…に在庫ありました。

ちなみに
ビレッジバンガードに問い合わせたところ、
Vol.2在庫は無いとの事。
神保町のビレッジバンガードVol.1は見かけました。

joyさん>

おお!見つかりましたか!
読み応えあると思いますよ。

で、読んでると・・・欲しくなります(笑)
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。