スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文紙メッセ2007:リベンジ編トンボ鉛筆MONO ZERO

ISOTにも出展されていたもののいまひとつ「撮り忘れたー!」とか
混んでるから見れなかった!のブースへ行ってみる。

そうなんだー・・。一番最初に見て「!」と思ったのに肝心の画像がない!の
トンボ鉛筆MONO ZERO。
こちらはほっそーい!で、消しカスがまとまるんだなー・・。

20070803203632.jpg


わかりますか?消しカスがひっついてるでしょう?
MONO ONEは消し心地はいいのに消しカスがばらばらーんなんですがこれは衝撃!
多くの場合形を作ったもの「○クヨのカ○ケシ」とか「○ードのアナ○ス」とかは合成ゴム系の消しゴムなんですがこちらはかなり塩ビ系に近い感触。

でもって「んじゃあ交換はどうするの?」で分解。
(これはISOTではやってみなかった)

ぎゃー!

20070803204311.jpg


すんげぇ繊細!
これどうやって作ってるの?

言い忘れていましたがこちらの「ノック式消しゴム」はシャーペン的にノックして出すのだ!
多くのノック式が「芯ホル」的だったことに比べたら・・・
買うでしょ?買うでしょ?(笑)

発売は10月末予定。
ハイ当然買いますよー!てか仕入れます。


消しゴムどこまで進化するんだ?
ISOTではわっしー的最優秀メーカー賞のトンボ鉛筆さん。
レポ不十分リベンジでしたー!

楽しいねぇ・・。文房具。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[文房具]MONO ZERO

以前から気になっていたmono zero、発売日が9月下旬(【新製品】高精度のホルダー消しゴム トンボ「MONO ZERO」)という話と、 10月下旬(文紙メッセ2007:リベンジ編トンボ鉛筆MONO ZERO)という話があるんだけどどっちなんだろう? 取りあえず、早く出て欲しいなぁ

コストパフォーマンスも機能性も抜群のノック式消しゴム SEED Radarknock

その消字性能で根強い人気を誇るSEEDのRadar消しゴムですが、時流に乗ってか、いつの間にやらノック式が発売されていました。 ちょうどロール型のペンケースに入れる消しゴムを探...

コメントの投稿

非公開コメント

買います

買います、間違いなく買います!
スティック消しゴム好きとしては萌えるわ~

でもゴムが少ないから減るのも早そう(^_^;)

どーむさん>

この間からいろいろ「やってみました」企画に挑戦していますがまず感じたのが
<用途によって道具も使い分ける>
これ最大のコツなのよねー・・でした。
細かいところをピンポイントでをMONOONEよりも更に精度をあげた
(よく文具メーカーさんが使う)言葉で言うと「PRO仕様」て感じですね。
気に入ると思いますよ。こうご期待!
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。