スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年筆と私

一番最初に万年筆を持ったのは中学の入学祝いに叔父からもらった万年筆でした。
モデルの名前なんて私にはわからなかったけどシンプルで少し短めコンパクトなタイプ。
ペン先は18KでFだったんではないかと思います。
メーカーはパイロット。


中学に入学すると「英語」が新たに教科にくわわるので筆記体の練習用に付けペンか万年筆を用意するように・・とあったと思う。
(その当時は。汗)

中学に入ると教科ごとに先生が変わるのも新鮮だったし初めての英語。
(はい・・。ディスイズアペン。マイネームイズ・・から始まる世代です。ちなみに私の教科書の主人公は「ベン」と「ルーシー」でしたよ。)

ずっとその万年筆を大事に使ってたんですが18ぐらいの時にちょいとお洒落な万年筆が欲しい!と思って「サンローラン」の万年筆を自分で買いました。
当時で1万円ですから安い買い物ではありませんねー・・・。
軸が細くて色展開がたしか三色くらいあったと思います。
当時サンローランは人気があったので覚えておられる方もいるかなー?
カートリッジはパイロットだったと思います。


手帳にも万年筆手紙はもちろん万年筆。
だったんですが・・・・。

記憶があいまいなんですが
あるときから突然使わなくなりました。

ゲルペンの登場ですね。

ハイテックC登場以降から使わなくなった・・・と思う。(汗)この辺の記憶が曖昧なんですが。


何回かここでもお話ししていますが
版下のアルバイトをしてる時にロットリングの製図ペンを使っていたのですがすっかりその魅力にとりつかれてしまいこの感覚に似たニードルポイントのペン先の虜になってしまったわけです。

ペン先を垂直にたてないとインクがとぎれたり均一に線がひけなかったりとコツのいる製図ペンなんですが(しかもすぐインクのダマが先にたまるのでしょっちゅう指先にペンを当てて「ダマとり」をしていました。
仕事が終ると左手の人差し指が真っ黒状態ってやつです。


ちゃんと扱えばきちんと均一の線が引けるペン先が当時は一番気に入っていたのだと思います。
逆に強弱がつく万年筆から遠のいてしまいました。



なーんでこうゆうお話しをしてるか?というと・・・。



思いがけず万年筆をいただいたからなのです。


ジャーン!

20070801185354.jpg


トンボデザインコレクション「OBJECT」マットブラックです。


ISOTに行った時にトンボさんのデザインコレクションのコーナーを見ててZOOM2000に万年筆があったらなぁ・・。とか
ZOOM101の万年筆にEFがあったらなぁ・・。とか散々ないものねだり。


そんなこと言ってたら万年筆もてないやーん!


自分で買うと言ったらカジュアルなものばかり・・。

20070801190714.jpg


同じくいただきものの二本。

20070801190820.jpg


ヴァレンチノはもうペン先が痛んでいて使えません(泣)
レディも気に入ってて・・でも勿体無くて・・・でインクが蒸発・・。
の繰り返しでございます。(すいません。頻度が少ないんですね。)


今回は初めてお目にかかるコンバータ!(汗)


20070801191024.jpg


これはビンインク買ってこなくちゃあかんでしょう!
初めてのコンバータ。
まずは「お水」で慣れてみようか?と思っています。


万年筆に関しては多少の知識はあっても使いこなせてないわっしー。
しばらく「凝って」みようかと思っています。


コメントの投稿

非公開コメント

どんどん凝ってほしいですねー(笑

仕事優先、実用重視で選ぶと、範疇外になってしまい、出番のなくなる万年筆ですが、
いまどき、安心できる貴重な筆記具です。
はたから見れば、レトロなんでしょうけど、気にしない。

ベンとケーシー・・・その辺のころは覚えてないですねえ。
授業はリーダーとグラマーと、もう1種類あったことは覚えていますけど。あ、これは高校のときか・・・(遠い目)

Crossroadさん>

ベンとル-シーですよ。(笑)
あとトムとなんだったけか?教科書で主人公が違うんですよ。

懐かしくレトロかな?でも絶対きえない万年筆の火て感じですね。
もともと透明感のあるカラーインクが好きだったのでコンバータを持つことで広がりますね。
今時間がなくてまだ試してませんがうきうきしています。
既製でない付けペンしか味わえないカラーインクを万年筆で楽しめる!きゅぅーーー←?

凝りそうですねー・・・・。
あーーーーー・・・。

以前「シャーボX」の話題で鍵コメさせて頂きました
また失礼させて頂きます

万年筆
筆圧が弱いのでボールペンが苦手です
仕事では複写書きが多く、また耐水性も必要なので
仕方なくボールペンを使っておりました
ゲルインクは乾きが遅いので
すぐこすってしまうどんくさい私にとって
万年筆は正義の味方の様な存在です
でも、持っているのは廉価版の物が殆どですから
気軽にインクを変えて楽しんでいます

>ベンとルーシー
おお、New Prince English Courseですね
確かペットの犬がアンディで
日本人留学生がナオミだった記憶が…

ずいぶんと

レアな万年筆をいただいたのですね!(国内未発売)
うらやましいです~。
万年筆をつかいはじめて数年たらずですが、
今では気負うことなく自分なりに楽しんでおります。(安いのばっか)
コンバーターのつかいかたも例の(?!)ムック本や
文具サイトでたくさん紹介されていますんで、
ぜひ楽しみながら試行錯誤してみてください。
OBJECT、書き味は少々個性的な気が(持っていないんで予想)..(;^_^A

うにゅ!OBJECTの万年筆を貰ったですと!
なんてウラマヤシイ!o(>< )o o( ><)o

ペン先が痛んでいるなら是非セーラーのペンクリに行きましょう。長原さんor川口さんが蘇らせてくれますぞ。9/5~6京都伊勢丹、9/21~22梅田阪神っす。
http://www.sailor.co.jp/NEWS/event/index.html

つんちさん>

どもー!
そうなんですよねー・・複写紙を仕事で使うことが多いと油性ボールペンでないと・・・。
ゲルものでもペンテル「エナージェル」は速乾性がありますよ。
筆圧が弱い人には万年筆はいいでしょうねー。
私は強めなのでペン先を傷めないか心配ですよ。

教科書いっしょですねー!
よかったー!通じる人がいた~!


ブンキチさん>

国内未発売!?なんですか?ぎゃー!(汗)
えらくレアなものをいただきました・・・。←今頃
ちなみにペン先は特別に「EF」です。
早く書きたいぃぃー!
ビンインクーーー!


どーむさん>

ペンクリニックは是非行ってみたい!
こうゆう廉価もの(なのかなー?)でも治るでしょうか?(超細いペン先)
OBJECTはこのマットブラックの色もいいんですが軽く持ちやすいし
・・・なんていうか気負うことなくもてる感じ。
ペン先は少し固めになるんだそうですが筆圧強めのわたしにはいいかも・・・。

ううううぅ・・早く書きたーい!ビンインクぅ!

どなたも言及されないんですが..

「ビンインク」というか、
一般的には「ボトルインク」って言うような..。
どーでもいいかー?!(;´▽`A``

※OBJECT、たしかにペン先が硬いかも & インクフローもどうかな?
もし書きにくい気がしたら、ペンクリ訪問アリかもです。

ブンキチさん


え…(@_@)瓶のインク。ビンインクって呼んでました…(汗)
あ、ボトルインクなんですね。ひえ…初心者丸出しでございました。
うーん。万年筆への道は険しい…
勉強していきまーすo(^-^)o

いい感じで展開してきたところ、思いっきり話の腰を折ってすみませんが…(最初におわび)。

自分がはじめて万年筆を使ったのは小学生のときでした。祖父が使っていたものを借りたのでした。その第一印象は
「これで、いったいどうやって文字を書くわけ!?」
次から次へとインクが出てきてうまく書けず、余分に出たペン先のインクをティッシュペーパーで拭こうとしたものだから手は真っ青に。
よくもまぁ、祖父はこんなもので文字が書けるなぁと思ったのです。

その後ふたたび万年筆を使ったのは、それから10年ほどたってからのこと。雑誌「FMステーション」の掲載記念品として使いきり万年筆(パイロットのV)をもらったのでした。
せっかくもらったのだから、次に出すはがきはこれで書こうと思ったのですが、やはりどうやってもうまく書けず。すぐにインクが乾かないので、文字の上に手を乗せられないのも困りました。
この2回のできごとで、「自分には、万年筆は使えない」ということを思い知らされたのでした。以来、まったく万年筆とは無縁のままです。
(文具関連の書籍が出るたび、「どうしてこう万年筆の話題に偏ってばかりなんだ」と感じるのも、このトラウマと無縁ではないと思います<爆>)。

幼いころの体験は、これほどまでにその後の人生に影響するのですよ(笑)。

かをるさん>

ありま・・そうだったんですか・・・。
なんか思いっきり残念。
万年筆のペン先は向きがありますし字体によっては向かないんじゃないか?
とも最近感じたりもしています。
私の字体は二種類あってやっぱ大人っぽい筆記体で書くのが王道なんでしょうけど
少し長めの文章なら安定した(?はい。字は汚いんですが・・汗)丸文字で書きたい。
万年筆で書くとなると丸文字ではペンの動かし方があらゆる方向に行くというところが向いてないんじゃないか?
とかちょっと迷ってるところでもあります。

いま考えたら結構万年筆って書くのに慣れががいりますよねー。
うーん。道のりは長い。

お久です。

やーん、みなさん初めての万年筆の話してらっしゃる~!!
ということなんで、混ぜていただきたく参上しました(笑

ワタクシ、初めて使ったのはペリカンの白い量産モデルのだった記憶があります。当然のようにカートリッジです。

当時、親の仕事の都合でドイツの現地校に編入してまして(小3の頃です)、ドイツの小学生って万年筆で授業受けるんですよね。
そんなわけで、それが初万年筆でした。
あ、万年筆消しもありましたよ。使ってました。主に右手の漏れてきたインク消しに・・・(用途が違います。

ナナナさん>

小学生に万年筆!も衝撃ですねー。

鉛筆でさえまだなんとかの年代なのに結構やりますなードイツ!
ちなみに鉛筆は程ほどの筆圧がいりますね。
それは漢字の「はね」や「とめ」などに必要だから筆圧訓練的な鉛筆でないとあかんのかなー?
とか最近考えるようになりました。
アルファベット(ドイツはなに?・・汗)はそうゆう形の文字ではないので筆圧訓練はいらないんでしょうねー。
均一な線より強弱のある線のいる漢字。強弱があるほうが漢字はキレイですもんねー。
うーん。丸文字も卒業しなあかんかしら?

FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。