スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み工作キット<富士コスモサイエンス:ー枯れない魔法の花ー植物保存キット

今年の工作キットが入荷した時に一番気になったお品。



20070626080652.jpg


富士コスモサイエンス:ー枯れない魔法の花ー植物保存キット

この枯れない花は何年か前から売ってるのは見たことがありますが(しかも高い!)ドライフラワーとは違い色も鮮やかでどうやって作ってるのかなー?と不思議でした。

バラとカーネーション向きらしく花によっては向かないものもあるそうです。


20070626081224.jpg


シリカゲルで乾燥させて作る方法もありますがそれは花びらをバラバラにして乾燥させあとで組み立て(?)ないといけないので面倒くさい。(笑)
これはそのまま作るのかな?
(テープで貼ってあるので開封してないのでキット内容はレポできめせん・・・すみません)

これもわっしーもやってみたいお品。

募集人数は2名様です。


コメントの投稿

非公開コメント

自分はこの加工をした花を直接見たことがないのでよくわからないのですが、基本的には「色素を吸い込ませたあと、防腐剤+保湿剤(グリセリンとか?)のようなものを使って保存する」という加工なのかなと思います。
バラとカーネーションが向いているというのは、導管(水の通り道)が太いからということではないのかな、と思うのですが…。

せっかく花に色をつけるのなら、「青いバラ」といったものがおもしろそうな気もするのですけどね。

かをるさん>

どうです?おもしろそうでしょう。やってみませんか?
青いバラはキレイかもしれませんね。

さきほど調べてみたら、「アルコールで水分と色を抜く→色素を吸わせる→グリセリンをしみこませる」という加工になるようです(だいたい予想どおりでした)。
アルコールとグリセリン…近くの薬屋で買ってこようかな(えっ!?<爆>)

万年筆が好きでインクの色にもこだわりのある人だったりすると、色付けに応用がきいておもしろいかな、と思いました。

かをるさん>

お!そうか!最終の色付けはインクになるでしょうからかなりおもしろいかもしれませんね。
お花って独特の生命感とでも言いましょうかとてもすきなんですが枯れるとこを見たくなくてなかなか買えません。
また違ったお花を見れるんですよー!(力)やっぱやってみようかなー・・・。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。