スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆記具のトラブル<万年筆編>

店頭にいてると、不具合でお預かりする機会もたびたびあります。
文具全般に言えますが(私も含めて)えてして説明書は読まないものだと思います。
なんとなくでも使えちゃうのが文具。
難しくないのがいいのですが、知らずに間違った使い方をしていたりも多いものです。


万年筆の場合多いのが「少し置いておいたら、書けなくなってしまった」というもの。
結構な期間インクを入れたまま、横にして置いておくと、インクはペン芯を通じて蒸発してしまい
固まってしまいます。
部屋の温度やら、字幅やらできっちりした期間はないものの、一ヶ月も置いていると
「減ってる」状態が見られますね。(これは個人の経験)
ま、それくらいの(一ヶ月に一度使うか使わないか)ならまずはペン先を上にして立てて保管したほうがいいでしょう。
(一日二日くらいなら横でもいいと思うが・・・。)
立てておくと、インクの出始めがスムーズでないこともありますが、ペン先をちょいと水に漬けると
インクが水に誘われて出てきますよ。


これは「うそ?」と思われるかもしれませんが、普通にインク切れで「書けない」とお持ちいただくこともあるにはあるので、(そんなに使ってない印象があるのでしょう)
まずはカートリッジなり、コンバータのインク残量を確認。
なくなっていたら、インクを補充するか、長いこと使ってなかったなら首軸部分を水に漬けて洗浄しましょう。

万年筆のインクは水溶性なので、あれこれ考えず、水に漬けてインクの色が出なくなるまで、気長に水の交換をすれば、ほとんど大部分が書けるようになります。
絶対に洗剤やら、漂白剤やら使わないこと。
たまに「水道水のカルキが気になる」とか聞きますが、一晩置けば金魚も泳げる真水になりますよ。



どれくらいの期間で洗浄したらいいのか。の質問も聞いたことがあります。
そんなに神経質にならなくてもいいんですよ。
詰まりがあると「なんだか具合がいつもと違う」感覚があるはずです。
※別の理由でそうゆうことが起こることもあるけれど。
どうしても気になるようでしたら、「カートリッジひと箱使ったら洗おう。」
とご自分なりのペースでいいと思います。

万年筆は基本、「使ってメンテナンス」と思って落書きでもなんでもいいから、毎日インクを出すようにしていただけるといい状態が保てます。


問題はそんな単純な理由で書けなくなっているもの以外です。


今までお目にかかったもので、何点か記しておきます。




インクが出たり出なかったりする。
これは自己判断しないであれこれいじらず、店頭にお持ちいただいたほうがいい状態だと思います。
書き癖、筆圧が強いなどの理由でペン先に何らかの支障があるかもしれません。

インクが出ない。となると人はぐいぐい押して書こうとします。
これが万年筆にとっては悲鳴もの。
切り割りと呼ばれる部分が開いてしまいます。
ルーペで見ても、切り割り部分の空間は切り目だけで、開いたりはしていません。

切り割り部分が開いてしまうとインクが先まで供給されず、「書けない」となります。
ぐいぐい押して書くと、一時的にインクが出たりするかもしれませんが、その状態がイエローカード。
万年筆はなぞるようにしても書けるものです。
すぐ店頭にもって行きましょう。(つい最近あった例です)


万年筆落下(大汗)しかもペン先から・・・(恐怖)
これも何件か見ています。
もう、痛々しいです。

なんで落下しちゃったのでしょうかねー・・・。
書いてる途中で手を止めて、考え事をしているうちに机から落下?
多分床にインクが飛び散ったりしたのではないでしょうか・・・。あああ。

少し書くのを休憩するときには、是非キャップは(めんどくさくても)締めておきましょうね。

これは・・・。
ペン先の曲がり具合にもよりますが、調整で直ることもあります。
諦めないで店頭に持っていきましょう。
ペン先交換でも直りますが、今まで使って自分に馴染んだペン先は交換では戻りません。
何より、意外に高いんですよーペン先交換。
調整で直っても、多少のゆがみは出るのでご承知おきを。
見積もりは出ますので、店員さんに申し出て検討しましょう。


首軸からインクが漏れる。
通常の使い方で首軸部分が破損することは考えにくいですが、なんらかの衝撃で割れないともいえないでしょう。
でも、店頭に持っていく前に確認いただきたいことがあります。

キャップ内部にもインクがついていませんか?
まずは綿棒を湿らせて、キャップ内部をお掃除しましょう。
意外に汚れているでしょう?

お使いの万年筆は、キャップはねじ式になっていますか?嵌め合せ式(クリックストップ型)ではありませんか?
すぽん!とキャップをはずす形のものは、はずし方にコツがあります。
両手で両側に引っ張っていたら、すぐそのやり方はやめてくださいね。
立てた状態で片手で(お行儀が悪く見えるが)ゆっくりずらせば、がばっとはずれないでしょう?
これが大事。
片手がなんなら、使わない手を添えると上品に見えます。

なぜ両手で引き抜くやり方(マーカーとかではやりがちな方法ですが)がダメかというと、
万年筆はインクがペン芯に触れてる状態で、もうスタンバイできてる状態です。
(いつでも書けるぜ!て感じね)
そんな状態でキャップを引っ張ったら、ペン先からインクを飛び出させてるようなもの。
ほんのわずかでも、毎回これをやってたら、キャップ内は汚れてきますよね。
それが首軸を汚して「漏れてる」と思うことがあるのです。


同じ原理で起こる事が、万年筆をペンケースなどに入れて(横になった状態で)バッグに入れていませんか?
横になってる万年筆=ペン芯にインクが触れている=いつでも書けるぜ!状態→横揺れで移動→インク出る。
はーい!わかりますね。
これまたキャップ内をインクで汚す原因です。
ペンケースは上下がわかるもので、かならずペン先は上を向いてる状態で持ち運びましょう。


万年筆はアナログな筆記具ですが、その原理がわかっていれば難しくないものです。
なんか最近具合がわるいな・・・一度店頭でご相談ください。
どこの店員さんも、きちんとアドバイスできると思います。








コメントの投稿

非公開コメント

No title

ども、今年もよろしくです
さて、
寒いときって手の温度でタンクの空気が膨張するせいか、インクがプクット出てくるときがあるよね。
インクを一杯に入れて空気を減らす他に、何かよい方法はないかなあ

Re: No title

くろねこさん>

コメントがどっかにいっちゃったので(汗)転記しましたが、
「ころねこ」にしてしまいました・・・・ごめんなさーい。どもども・・・。

さて、寒い時って万年筆がわがままをいう時期でもありますねぇ。
わっしー書く前にしばらく書く場所にスタンバイさせてるので、特にぷくっとは来たことがないんですよ。
暖かい部屋で少しスタンバイさせる・・・これぐらいしか知恵はないんですが、
「腹減った」のサインと見て、インクをすいすいさせてあげましょう。
何かと手のかかる子ほどかわいいもんです(こたえになってない)

No title

書いているうちにインクが押し出されてくるのは
吸入式のやつだけ。
コンバーターやカートリッジでは問題ないです。

インクの入れ替えもしにくいし、
吸入式はどうにも不便だ。

万年筆は不便を楽しむものだからええけどw

吸入方式も

くろねこさん>

お返事遅くなりました。
インクの吸入方式も、用途に合わせたほうがいいのかな・・・と思い始めています。
吸入式はペリカンしか持っていないし、もともとインク供給量の多いほうなので
特に意識していませんでしたねぇ。
持ち歩きにはやはり、カートリッジが便利ですね。
出先でインク切れは、なんか情けない気持ちになります。

いずれにしろ、万年筆はアナログを楽しむもの。として付き合うほうがいいと思っていますよ。
今は選択肢も多いし、書くのを楽しみたいですね。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。