スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てけてけしたら、おみやを送ろう。<カレンダー利用編>

てけてけ文具散歩のお楽しみは、あれこれ探すことだけじゃない。
「こりゃ、あの人も好きよね」をおみやで送ること。
気に入って買ったけど、数の多いモノならおすそ分けで送ることもあります。


画像 437

送る時に重宝なのが、カレンダー。
カレンダーの紙ってそれだけで厚みがあるし、曲がりにくいから、紙モノを送るのにはもってこい。
カレンダーは封筒テンプレートを使って、封筒にすることもあるけど、もっと紙を有効に使いつつ、簡単に袋にする方法をお教えいたしますよ。


用意するものは、カッターナイフ、はさみ、マスキングテープです。

まず、紙の中心をとります。

画像 439

全部折ってしまわないでね。「中心」がどこかの印です。

画像 440

これぐらいの折癖で充分。両側に印として折ります。

真ん中がわかったら、

画像 441

紙の端を印に合わせて、ぐぐーっと折ります。ここはばっちし力を入れて。

画像 442

突合せで折ったことになります。
ここをマスキングテープでとめます。

画像 443

セロテープだとちょっと難しいんだけど、貼りなおしができるマスキングテープは本当に便利。
簡単ですよ。
今はいろんな色や柄のものがあるから、カレンダーの柄などに合わせてチョイス。

さて、底の部分を折りますね。

画像 444

ここも力が要るけど、しっかりと。
テープを貼りやすいように角をはさみで切ります。

画像 445

画像 446

このまま貼るとごわごわしちゃうので、内側に来る部分は切り落としてしまします。

画像 447

カッターナイフできこきこ切りますが、ここで手を切らないようにゆっくり刃を進めます。

画像 448

多少ぎざぎざでも内側だから気にしなーい♪
底もマスキングテープでとめます。

画像 449
裏はこんな感じ。

画像 450
表はカレンダーの柄を生かして、こんな感じ。
ここに宛名シールを貼って送ります。

大体のカレンダーは、それだけで張りがあるのでここに入れただけで大丈夫ですが、

画像 451

不安なときは台紙を入れています。
なので、使い終わった便箋の裏表紙や、パソコン用紙の台紙などは捨てられないんですよねー。

かなり短時間でできるのでお勧めの方法ですよ。





コメントの投稿

非公開コメント

何をかくそう…

こんばんは~ごぶさたしております。

なにをかくそう 私のお店は ↑ この作り方で
プレゼント包装用の袋を 自作しておりまする。

鉛筆やら消しゴムやらノートやらにあわせて
各種サイズが必要なのに
市販のものは 高いですからね~v-409

テンプレートも便利ですが ↑このやり方だと
捨てるところが最小限で済むのでいいですよね。

たんたん店主さん>

はーい、何を隠そう、以前のお店(まだ籍はあるが)でも手作りしていました。
文房具ってビニールより、紙の方が入れて安定しますからね。
ショップによっては、既成の袋にお店の判子を押してあるものも多いですね。
紙好きにはどんどんお試しいただきたい方法です。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。