スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セーラー・ステーショナリーショー09

今年で私は二回目となるセーラー万年筆の展示会に行ってきました。
インク工房の石丸さんも元気にインクブレンドしていらっしゃいましたよ。


画像 241

お道具ケース兼ディスプレーケースが新しくなっていました。
お顔がより見やすくなりました。
インクブレンドは対話が大事。いいですねー。

ちゃっかり新しいインクをブレンドしていただきました。
※これはまた別エントリーで


さてこの秋の新製品も気になる。

いろいろ出ることは聞いてはいたけど、結構多いんじゃないのかなー・・・。

インクでは「青墨」(せいぼく)
顔料ナノインク極黒のお仲間、ブルーブラックバージョンです。

画像 235

インクリサーバー付きのボトルになっています。
ボトルインクを最後まで使い切るために考えられた「器」かな?

画像 242

画像 243

画像 244

・・・というわけ(説明省略)
なるほどねー・・・。
こうゆう便利なものが出てきたってことはコンバーター愛用者も増えたってことかな。
コンバーターって、インクの吸い上げだけじゃなくて、洗浄にも使えるから是非1本持っておくといいと思いますよ。どのメーカーも525円(スクリュー型)ですね。

今回カジュアルラインで気になったのが

プロフィットST

画像 239

全体の形は変わらないけど、クリップの形が新しくなっています。

画像 240

14金ロジウムメッキ、F,M,Bと字幅も三種類です。

3000円台でも新しいラインが・・・

画像 233

ハイエースマーブル。鉄ペンですが、ハイエースは隠れた人気商品。
手帖などに気軽に使える万年筆としてなかなかなんじゃないのかなーと思いました。
これは細字のみ。


個人的にはキングプロフィットのマーブルエボナイトやモザイクがいいなーと思いました。

画像 234

こうゆうモザイク柄っていいなー。
つか、どちらも8万円台(大汗)


驚いたのが、去年は大型万年筆は全然目に入らなかったのに今年はやたら目に飛び込む!
本気で狙っていた、ペリカンのホワイトトートイスがなーんか頼りなーく見えてしまうのはなぜ???
太い軸は握っていて安定感があるんですよねー。
これは中屋のシガーモデルを使ってるので実感してる。
慣れってすごいし、安定感があると書きやすいから出番も多い。→使う→馴染む→愛着がわく方程式ですねー。
実際は、もうちょっとしなり感が欲しいなと思ってるんですが、書き味は安定。
とにかく書いて書いて「自分のもの」にしなくちゃ!と思っています。


セーラーでは珍しい形も発見。

画像 238

カーボファイン。もうメジャーになったカーボン素材でできています。
25gと見た目よりもぐっと軽い。
14金ロジウムコーティング、字幅は残念!Mのみです。
ボトルインク付きで26250円。
ビジネスシーンに合う、大人な万年筆ですね。



今回は初めてじかに本物を見た、キングイーグルやクロスポイントなどの特殊ペン先。

画像 232

意外や!華奢!

趣味文などで拡大写真ばかり見てたから、もっとごついのかと思っていた。
すんげー繊細!
もっと不細工なのかと思ってたけど全然きれい・・・目からうろこでした。
あーーどんな感じか試筆したいなぁ・・・。


パイロットといい、セーラーといい、秋は見逃せないモデルがでますねー。
あああ・・・お財布が危ない!





コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。