スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイロット・オータムコレクション09

今回手違いで招待状が届かなかったけれど、
「もうそろそろだよねー」と思って電話で問い合わせて正解!
丁度お休みだったので、いそいそ出かけてきました。


画像 209

今回も発売前の新製品があれこれと・・・
なので撮影は禁止でした。

おもしろいなと思ったのが、もうスタンダードになったフリクションインキを使った名刺カード。

画像 211



画像 210

ちょっと手で暖めただけでこんなに鮮やかな紅葉に。
これはフリクションインキの仕組みをわかってもらうためのもので、販売品ではないものの、
こうゆうカードいいなー楽しいなー製品にならないかな?
とか思いました。
あと革の端材でストラップつくりをしたりとか、見に来た人も楽しめるような仕掛けもあり、
楽しんできましたよ。


今回は

万年筆講座も受けてきました。
基本的はことは知ってはいても、自己流で楽しんできた万年筆。
ここいらできちんとした知識は復習しておかなければ・・・

透明軸のFP-78G万年筆を組み立てて実際の構造を知るところからスタート。
うわ、これ欲しかったんだなー実は。


画像 212

透明軸はカスタム74を持ってるけど、コンバーター使いのわっしーには、実際新しい万年筆にカートリッジを差したら、どんな風にインクがぺん芯にいきわたるのか見るのは初めて。
ペン先をティッシュなどで押さえて「ぶん!」と振ったりしてたけど、この方法だとぺん芯の溝以外からインクが出る可能性があるそうです。
あちゃーそうなの?
ペン先を下向きにしてカートリッジをとんとんつつく・・・(ゆっくりインクは落ちていきます。)
カートリッジを軽くつまんでインクを押し出す方法・・・(これは早くインクがぺん芯にいきわたりますね)
でも、どこで「ここ!」って判断するの難しいなー・・・。

カートリッジから気泡が出てきた時もひとつの目安になるようですし、
インクがぺん芯に流れ出すとカートリッジ内に空気が入るので、

画像 213


底から5mmくらいまで空気が入ったら(丁度角度のついているところ)「書き出してみる」目安になりそうです。


今回は、これはいいなーという万年筆「エラブ」※軟筆バリエーションやカスタムの「和」色バージョン、
スタンザ風お手ごろ筆記具などが目を引きました。
11月の発売が待ち遠しいです。




コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。