スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年のカレンダー:その2

メインのカレンダーには予定の書き込みができないとやっぱ不便なんだよねー・・・。
てことで、下半分ブロック型のカレンダーで、上半分が「絵」


画像 1140

ひとつは「パリのバラ」という生花の写真のもの。
どうゆうわけか生花の写真に惹かれるので自分的には「お約束」な感じのものです。

画像 1141


ありきたりなのが本当に残念。
もうちっとデザインなんとかなんないのかなー・・・といつも思います。
写真はきれいなのになぁ・・・。


これともうひとつ。

画像 1142

わっしー的には珍しいイラストものです。
「KEN KUROI」とあります。
残念なことにイラストレーターの方々に関してはほとんど知識がないんですが、
カレンダーのいいところは毎月「四季」ぽい感じが味わえるところじゃないのかなと個人的に思ってるので、冬には冬らしい、夏には夏らしい雰囲気のあるものいいですね、やっぱ。
買うときはそうでもなくてもひと月終わり、めくったり破ったりするときに
「あーーー春かぁ・・・」なーんて思ったりするとこも楽しみのひとつでもあります。


画像 1143

この「KEN KUROI」さんのイラストはどれもおそらく日本の風景だと思われるものばかりで、
なんていうか派手に「四季」してないんですが、でも確かに日本の四季だなーと思われるいい場所のイラストばかりで今回はやられました。

これならもう少しカレンダー部分が控えめなデザインがいいなー。


みなさんはもう来年のカレンダーの用意はできましたか?





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

そろそろカレンダーが届く季節

もうすぐ11月も終わり、ということで、カレンダーが届きはじめました。 きょうは本田技研工業と全日空の2社でした。 20081127.mp3

コメントの投稿

非公開コメント

おー、黒井健ですかー。
さんざんいろんなところに書いている話で恐縮なのですが、自分がファンシー文具に興味をもつきっかけになったのが黒井さんの「PASTEL LIGHT」というシリーズだったのでした。
色鉛筆を油でぼかしたやわらかなタッチがお気に入りです。
どこかでまた「PASTEL LIGHT」が復活しないかなぁと思い続けているのです。

カレンダーは…今年も「いただきもの」だけでまにあいそうです(爆)。
ちょっと、トラックバックを送ってみよう…。

かをるさん>

おお!前に聞いていました。
つか本当にイラストは宇野亜来羅(?)さんとかしかわかんなくて・・(大汗)
目立つ感じではないのに「こちらにきます」
カレンダーの絵は素朴だけど日本らしい色で構成されていてとてもいいです。
来年一年が終わったらいろいろなものに化けてると思いますよ。
絵の才能欲しかったなぁ・・・。

同じスタイルです

ウチも、上は写真で下がブロックタイプのやつです。
取引先からもらったもののうち、そのタイプを探して持って帰ってきます。
月が変われば上にめくり上げて、プラスチックはさむやつ。
これだと、ボード代わりに紙とか挟めますからねъ( ゚ー^)

ずっとNECのでしたが去年今年とKDDI。
来年はどんなのがあるかなぁ。

zero-52さん>

カレンダーって言うとどうしてもこのブロック型がメジャーですけど、この四角い形の比率はもうちとどうにかなんないものか?といつも思っています。
横長の四角とかできないのかなー???
(なーんか正四角形では書き込みにくい)んなことないですか?

ともあれ、予定の書き込み欄は要りますね。
来年はめくるたびにどきどきするようないい年にしたいです。ね。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。