スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっきり!黒インク・セーラー万年筆:極黒

プライベートでは万年筆。
とは言え、そのプライベートではお便りが主に使う場面で、手帳やちょっとプランを練ったりなどにいつもの万年筆だと「なんか違うなー」となるんですね・・・。なんでかな?

そこで登場なのがこちら。

画像 1113

セーラー万年筆のインク「極黒」です。
このインクを入れているのは・・・・


もうこれっきゃないでしょ!(と、わっしー的には思っている)トンボのオブジェクト。

画像 1114

マットブラックのボディにクリップは艶あり。
これはいただきものですが、この子に会ったおかげで万年筆に復帰できたようなもの。
いただいた時はEFのペン先でしたが極黒は少し詰まる感じがするのでFに変えました。
(ずぼっと抜いてかえたんですが、安直にやっちゃうとペン先傷めるので慎重に自己責任でお願いしますね)

今から考えるとこのモデルも「スイーツ系※」だよねー。
シンプルで飾りや模様なし。
※わっしーとっておき、中屋万年筆の漆の万年筆を勝手にスイーツと呼んでいます。


画像 1115

ペン先も飾りなーし!
シンプルの極致!このFは14金と聞いていましたが、堅めの書き味ですね。
これがいい時があるので金ぺんにこだわらないんですよ。


画像 1116

さて極黒インク。
とてもはっきりした黒なので線の強弱がでにくいんです。これはFを使っているからもありますが。
耐水性もあるのでイラストの輪郭に、ほどいい艶で本来の万年筆のインクの濃い薄いのニュアンスはありませんが黒という色だけはくっきりした色が欲しいな。そう思っています。





コメントの投稿

非公開コメント

まっくろけのけ

きょねんのこのじきは、朝日新聞かナニカに紹介されて、超品薄でしたね。
それだけ万年筆の、手書きの人気があるってことだと思いましたが。

ま、黒を持ってない僕にはなーんの関係もなかったですけどね(笑)

最近、黒も要るかな、とちょっと思いはじめました・・・

zero-52さん>

>黒もいるかな

そうなんですよ。お便りは断然カラーインク派なのに自分自身用のものは黒かもしれないなー・・・とか思っています。
万年筆に限らず、ボールペンも「濃い黒のインク」はよく探しに来られますよ。
確かに見やすいんですよね。濃い黒、はっきりした黒。

これは個人的な意見ですがプライベートな中にも「オフィシャル」な部分があってそれを分けたい気持ちがはたらいてるのかしら?
お便りでは堅い印象になるので狙ったとき※しか黒は使わないんですけどね。おもしろいもんですねー色って

※狙うというか便箋によってはカラーインクじゃしっくりこないこともあるのでね。
そこはあえて便箋の個性を生かして黒。そうゆう狙いです。

FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。