スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万年筆を極める:かんき出版

私の万年筆の知識は、「趣味の文具箱」から始まった。
基本的な情報が欲しいのにまるでカタログか写真集のようで
まだ万年筆は早いのかなー・・・なんて最初のうち思っていたのだ。
もちろん記事の中には詳しすぎるくらい丁寧に説明してるのもあるんだけどね。
でもなぁ・・・。
中学時代から二十歳くらいまでは万年筆が好きで持ち歩くくらいだったのに
知識としてはまったくゼロに近かったと思う。

まだ文具担当だった頃「万年筆は置いていないの?」と聞かれるたびにびびっていた。
確かではない、ほぼ自己流の知識では接客も力が入らない。
時には「なーんだ。○○置いてないんだ」なんて言われたこともあった。
うちは専門店じゃない。量販店だし仕方ない。なんて思ったこともあるのだ。ほんとに。

簡単に詳しく書いてある本はないのかな。と思った。




勧められて読んだのが「こだわりの万年筆」ネコ・パブリッシング
メーカーの歴史を詳しくたどっていて「プロ」の私には勉強になるけれど、
一般の人にはどうなのかなー?と思っていた。

最初の人はもっと簡単に書いてある方がいいんじゃないのかな。

画像 1044

この「万年筆を極める」はとても簡単にだけどポイントを押さえてあると思う。
若い人やこれからまだ経験はないけど万年筆を使いたいなーと思ってる人にもお勧めの本なのだ。

道具には最低限の使い方のルールがあるのだ。
これはぜひ覚えて欲しい。
でもそんなに難しくないのよねー。これが。

私もそうだったけど、もっとボールペンと同じような感覚で筆記具の選択としての万年筆が広がればいいのに・・と思っています。



コメントの投稿

非公開コメント

つこてまんねん

こんばんはー。

子供のとき万年筆言うたら、タイトルのようなしょうもないことしか日常生活に登場しませんでした。

大学時代から、手紙書く時なんかは万年筆使ってましたけど、使ってるだけでした。
(レディシェーファー632)

知識は、わっしーさんと一緒ですね、趣味文のvol.1から。(以降買ってませんが^^;)

最初の一本は国産と決めてて、安モンも買わないと決めてて、セーラーのプロギ買いました。
こいつは自分の中では別格ですが、他はそれこそカジュアルな使い方、
インクの色と書き心地が楽しめる日常筆記具として傍らで働いてくれてます。

zero-52さん>

昔はボールペンよりも万年筆の方がメジャーだったし、
学校の通信簿は先生が万年筆であれこれ書いてくれてました。
(いいことを書かれた覚えはないが。笑)
ボールペンのインクの性能やバリエーションも増えてどんどん用途によって使い分けることができる選択肢が増えたのはうれしいですよね。
でも昔から万年筆は変わらない。それも魅力の一つだと思っています。

Zero-52さんも普段使いとして万年筆を愛用されてるようですし、
ここいらで「地味な宣伝活動」に加わってくださいまし。
私の言う「地味な宣伝活動」とは・・・
表で万年筆を使う。
です。(もうされていそうですけどね。)
出先でお便りを書くときに万年筆を使うのは「ほらほら、ここに万年筆を使ってる人いてるよー♪」
の宣伝にもなるんですよ。ぜひぜひ!!


伝道師

布教活動してますよ。

仕事のヒントが思い浮かんだ時、茶店に立ち寄って何か書く時。
帰りの電車で何か思いついた時。
ノートに書くのはいつも万年筆です。
特に電車ん中では揺れて不安定なので、筆圧低くても書ける万年筆がいいんですよ。

革のロールペンケースから、仰々しく取り出してます。
もっとスマートにサッと取り出したいところですが・・・

zero-52さん>

革のロールペンケース>

!いいですねー。ペンケースはいろいろ見てるんですが、なかなか自分にぴたっと合うものがまだ見つけられてないんですよ・・。
軸を傷めたら困るような高級品は持ってないから、もう少し先かな。

何気に自分が万年筆を使うことが一番の宣伝になるんじゃないのかなと思っていますよ。
zero-52さんも引き続き「伝道」頑張ってくださいね。

はじめまして

万年筆の本というのは、題名だけではなかなかほしい情報が載っているかわからず、選択が難しいそうですね。家族で輸入文具店をやっていますが、通販専門故、万年筆の質問に対してはこと慎重になり、回答が遅れることもしばしばです。わっしーさんご推薦「万年筆を極める」…読んでみたくなりました。

もともと電子技術職で15年間サラリーマンをやっていました(病気で休職…そののち退職…)ので、身の回りで万年筆を使う人も皆無だったこともあり、万年筆に再会したのは25年ぶりでした。最近は何本もインクを通して書き味やインクフローを身をもって体験し、貴金属用のグラインダーなどでペン先を変形させて?!万年筆を理解しようとしています。…実験は大好きなのです…たぶん。

小学生の娘3人にはまだ万年筆は与えていませんが、我が家が文具店なわけですので、用途はどうあれ近いうちに使わせたいなと思っています。

また遊びに来ますね。

お返事遅くなりましてすいません。

LEXさん>

はじめまして。
>実験好き
あはは。なんとなく気持ちはわかります。
実際使ってみないとわからないことは多いと思っています。
うちのお店で扱うレベルならなんとか自腹で買えるので、できるだけ使ってみてます。
(て言うか、自分が勧められるものしか仕入れないけど)
とは言え個体差があるのも万年筆の特徴で、ここを「楽しい」と思ってもらえるかどうかもありますよね。

>小学生の3人娘
高学年になると筆圧も安定してきますし、思い切って万年筆を買ってあげて欲しいですよ。
小学生の間は字を丁寧に書くので今始め時じゃないでしょうか。

以前セーラーの長原幸男さんがおっしゃってましたよ。
子供が握りこんだ持ち方でも、ぐちゃーっと落書き程度しか書けなくても、興味があるようだったら持たせてあげたほうがいい。って。
万年筆は扱い方を覚えれば難しくないし、子供さんのほうが楽しみ方を知ってるかもしれません。ぜひかわいいのを買ってあげてくださいね。

また遊びにきてくださいね。


なるほど、小学生でも持たせるのもよさそうですね。わっしーさん、貴重なご意見ありがとうございました。インクはピンク色がいい!とか言われそうです。…壁にピンクの斑点模様がつくんだろうな。

また来ますね。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。