スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしい「鉛筆削り」

「いにしえ文具店」で会計をすませようとした瞬間に目にとびこんできたこちら


画像 457



これだけ見て「お!」っと思ったあなた!
同世代です・・・・うはは。

あ。あ。ちょっと待って!これこれ。
とお勘定をしてる店主さんを止める。




で三本仕入れてきたこちら


画像 458



はーい。刃物です。
これ小学生の時にみんな持ってた。
これで鉛筆削ってたんですよ。ホント。
確か駄菓子屋さんにもおいてたような記憶がある。


画像 460


裏はちゃう色なのよねー。


ナイフで鉛筆を削る。
これみんな当たり前にできてた。
今の時代では考えられないことかもしんないけど
刃物を人に向けない
なーんて小学生でも当たり前だった。
このナイフでなんか事件が起こったこともなかったし
もし仮に誤って自分が怪我をしたとしても誰も何も言わなかった。


懐かしいこの鉛筆削りを使ってた私たちは今の子たちがなくしてしまったものを
持ってた気がする。
今は便利で怪我なんてしないいいものがいっぱいあるのだ。
懐かしくなんか切ない感じです。


でもこの刃ってこんなに薄かったんだー・・・。



コメントの投稿

非公開コメント

わっしーさん、こんばんわ!
このナイフって「Mickyナイフ」ですよね?
私が購入した色と同じです。
http://mono-tomo.seesaa.net/article/14313260.html

ボンナイフでしたっけ?なつかしい~。
お家にありました。
刃が妙に薄いんですよねぇ。どうしてだろ?
ちなみに私は肥後守で削る派でした。

懐かしくてビックリ!

ご無沙汰です。
このナイフ、大昔に使ってました。
わっしーさんと同世代間違いなしです。
けどどうしてこんな懐かしいものが今売っているのかなぁ。
すごいと思った。

ともっちさん>

うふふ。持ってましたか。
そうですよー「Mickyナイフ」です。
当時リアルに持ってました(笑)
状態もいいですよ。


デッドストックとは言えよく残ってたなーと思います。


keroさん>

さすが鉛筆女王!でもこれは普通にみんな持ってましたね。
もう今は作られていないんだろうけど
一瞬で当時のことを思い出せるのが「いにしえ文具」のいいところですね。


きくちゃんさん>

まいどー♪
実は以前きくちゃんさんにいただいた下敷きのたぐいもおいてありました。
柄が当時の柄でねぇ・・・。

この「いにしえ文具店」お商売はあまりする気はないような感じがしました。
ここの先代(おばちゃんのご主人のお父さん)がこだわりの方だったらしくいろいろ品物を吟味して仕入れていたそうです。
今残ってる在庫を好きな人に(当時の値段で)売って売り切ったらやめようかなー・・そんな感じがしました。


※これは私のかってな決め事なんですが
次に来る「ヲタ」さんのために「全部買い占める」はしません。
こうゆう懐かしいものは分かち合わないと!

寂しいですね。町の文具屋さんがなくなっていくの。
FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。