スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紫陽花と朝顔

注残(発注予約のようなもの)をかけてるもののいっこうに入手しないパイロットの「iroshizuku」
文具の集いで出たついでにふらふら見てたら展示してあったので迷わずお買い上げ。

画像 121


よっぽど慌てて作ったのかな?ラベルまでずれてるよ・・・。

さて気になるお色。

続きを読む

スポンサーサイト

協力者求ム

先日から萎え萎え気味ではありましたが昨日久々に文具話に花が咲きやっぱり大好き文房具。
好きならなおさらいっぱい知りたい!

欲しいよー!文具辞典←昨日も吠えていた。

どこからどうやって始めたらいいのかさえまだ真っ白なんですが
どうやったって一人では無理。

そこで皆様に協力していただきつつまとめていけないものか考えています。
基本的なこと
例えば鉛筆はどうやってできるの?とか色鉛筆の芯と鉛筆の芯の違いは?とか
こんなことずっと知りたかったんだけど・・・
まずは質問のほうからまとめていこうかと思っています。

そこで別ページを開設しました。
二つのページを管理はちと大変なので助手に「近藤常吉」さんに別ページはお任せしようかと思っています。

みなさんとああでもないこうでもないと考えながら「辞典」的になればいいかなーと考えています。

形式も何もこれからですのでこんなやり方がいいよーなアイディアや「協力するよ」な方よろしくお願いします。



こちらのページは更新が遅くても頑張ります。
楽しい文具の話をここでまたお話ししましょう。

励ましてくださったいろんな方のコメントやメールありがとうございました。
自分でも楽しみにしてくださってるのが嬉しくて
でもなかなか切り替えれなくてご心配をおかけしました。
ごめんなさい。
これからも試してみれるものは出来るだけ自分で触ってお伝えしますのでね。
みなさん助けてくださいね。


みんなの「文具辞典」近藤常吉



リンク追加しました。

早瀬かをるさんのお声でつづるブログです。
癒し系のお声は「必聴」ですよ。


早瀬かをるのひとりごと
http://monolog-kaoru.seesaa.net/

第五回大阪文具ファンの集い<特別ゲスト登場>

一月以来今年二回目の文具ファンであつまってがやがや文具話をしゃべりまくるイベント
「文具ファンの集い」
行ないました♪

今回は年度末だったりするので皆さん忙しく集まったメンバーは
長野在住だけどぜったい「どこでもドアー」を持ってるんだと私は確信しているどーむさん。
(昨日は名古屋その前は島根・・・やっぱり「どこでもドアー」を持っている!)
Kero556さん。ワキ文具チームから○田さん。
そしてヒミツのゲスト「みすたーCB」さん。

人数はこじんまりだけど話は盛り上がること!
やっぱ文具の話を普通にできるのって楽しい!

今回は特別ゲストもいらしたので恒例の「お宝文具いんじゃん争奪戦」もやりましたよ。
えっと・・・・・


続きを読む

インク工房:「ILovePen.ILoveLetter」梅田阪急百貨店

3月26日から梅田阪急百貨店にて「IlovePen.IloveLetter」と銘打って万年筆フェアーが行なわれています。
前にもお話ししたとおり28日から4月1日までインク工房も開催!
はい行ってきましたよ♪

画像 114


続きを読む

きれいな手紙が万年筆で書ける便箋:お試し編

「やってみました」をやんなきゃわっしーじゃないよね。
やりますやります♪

画像 105


表紙の絵が本当にそそる便箋。
裏技下敷きはこちら

画像 106


三つ折の補助線までついてていたれりつくせり。
そうなのよねー三つ折りも結構失敗しがちなのよねぇ・・・。

横書き用にも

画像 107


さて字はへたくそなまんまだけど
やっぱり中心線があると書きやすい。
字がととのってなくてもまずまっすぐ書くとそろってるように見えるもんね。

紙はインク吸いは遅めなもののひっかかりのない紙です。
(ちなみに「きれいな手紙が書ける便箋」も万年筆オッケーでした)

画像 108


架空手紙を書いてみました。
字のひとつひとつはめちゃ汚いけど全体はそろってるので見苦しくないでしょう?

罫幅は太め12mmなので字が小さい私にはちょい不満だけどまずはここからいきましょう。



きれいな手紙が書きたい

何人かの方と手紙でやりとりがありますが字がきれいな方が多く恐縮しています。
要は気持ちを込めて見やすく書けばいいわけなんだけど・・・
やっぱりあこがれる「きれいな手紙」

こんな裏技な便箋封筒を見つけました。
※黙ってるなんてもったいない!

画像 100


ミドリ「きれいな手紙が万年筆で書ける便箋」無地
「きれいな手紙が書ける便箋」縦罫
そして「きれいな宛名が書ける封筒」です。
狙いどころがいいねぇ・・・。欲しいでしょ?


最初見たときこの表紙にも惹かれました。
いいねー文具好きにはたまらない柄。


さて中身。

続きを読む

クレパスでおえかき:サクラクレパス50色<おえかき実践編>

さて何を描くか?
これが一番悩みどころなのだ。

キレイな色のグラデーションといえばあの花でしょう!
てことで「紫陽花」

画像 086


鉛筆で下書きを描きクレパスでちょんちょんと塗っていきます。
クレパスってこのタッチ(とぎるような)がニュアンスがあっていいのよねー。
でもダイナミックに描く時はこのタッチがいいけど細かく描くには向いてないのかなー・・・。

ところどころ埋まらない「白い部分」がなんだか雑に見える。

クレパスって柔らかいからぼかしちゃえば?


続きを読む

クレパスでおえかき:サクラクレパス50色<製品編>

幼児学童文具はうちの売場でも「要」なところ。
子供が少なくなったとは言え文房具は必需品で絶対必要なものなのだ。
なかでも画材系は消耗も早く単色ものもよく動く。

もうこの仕事も8年目となるけど実際にパスや水彩絵の具を使うことはなくなにか絵を描く時は何を使って彩色するかは悩みどころなのだ。

先日サクラクレパスの展示会に行ったことや「パスとクレヨンってどうちがうの?」の毎年恒例の質問もいつもより気になるので
これは「使ってみなくちゃねぇ・・」てことで発注してみました。

じゃーん♪

画像 099


夢の50色。
これは一般学童用で販売されてはいないのであまり目にしたことはないかもしれません。

実際色がきれい。
ちょっと感動してしまいました。


続きを読む

カテゴリー

およそ二年足らず本当につれづれに書いてきたので「文房具」のカテゴリーが膨大すぎて「どうやって検索したらいいの?」なお声をいただいたので今分類分け中です。

今やっとこ100件終了(汗)
分類分けといってもそれでもザックリですよ。今までよりまだ探しやすくはなると思います。かなー?

去年の夏ごろまでさかのぼりましたがタイトル見ただけで書いたこと覚えてるものなのねーと自分でも感心しています。
まだしばらくかかりますがしばしお待ちくださいね。

やりかけてることは・・・

やるつもりで今いてますが・・・・

続きを読む

文句なしにかっちょいい!ぺんてる:グラフ1000リミテッド

展示会でみたときから「これはいい!!!」と確信したお品。
本部にお願いで入荷しました。

画像 068


で、入荷してから「ぎゃ!赤色がないやん・・」
私個人は赤が一番いいと思ったのにぃ・・・・だー・・・。

限定ものなのでいろいろバージョンがあるようで・・・あー・・・。チェックミス・・・。

画像 075


もうなんでもないデザインと言えばそうなのかもしれないけど文句なしにかっちょいい!
で、このプラボディは軽いのねー。
シャープペンの原型のようなシンプルさが懐かしくでも新しくて私は一押しです!

(あくまでも個人意見ですが)プニュプニュはねぇ・・と又思ったのでした。

トンボ鉛筆:エアープレス

待ってましたの入荷!
加圧式ボールペン:エアープレスです。

画像 069


ノックすることでインクを加圧してカスレや上向き筆記、湿った紙への筆記が可能です。
この加圧式は三菱鉛筆のパワータンクがメジャーどころだけどボールペン本体の機能として「加圧」はこれが初めて。

画像 070

ノックして加圧(インジケーターで確認できます)

ノックして引っ込めるとオフ状態に
画像 071


クリップの固すぎず柔らかすぎない感じはなかなか「ぐぅー」(エドはるみ風で)です。

画像 072


なんでつけ根が互い違いになってるのかな?これが程いい力加減になるのかなぁ?

持ってみて「軽い!」が第一印象。
でコンパクトですね。

画像 073


スリムスと同じ位の長さ。
で、肝心の替え芯は・・・

画像 074


ちいっちゃーい!
あれ?待てよこの芯見たことあるよ。で確認したらリポーター4コンパクトと同じSF芯です。

軽く持って歩きやすい。
芯のインク量が少ないのはちょっと不満が残るものの何よりかっちょいい!
加圧式は私も愛用しているのでこれからこの子をお供にすることにしました。

で、どれぐらい加圧なのかなー・・・?



機能かデザインか サクラクレパス:クリエーターズペンケース

展示会でも前もって目にしていた「クリエーターズペンケース」入荷しました。

画像 056


見てるだけでも楽しい有名イラストレーターのペンケース。

私は当然「文具柄」で

画像 057


私はイラストレーターさんの名前とかは全然知らないんだけどどこかで見た絵。

どのデザインも味があって選ぶの難しい。
機能的なペンケースも当然いいんだけどホント単純に「!」と思える絵が描いてあるなんでもないペンケースも学生時代はあれこれ手を出していた。
絵の力っていうかほんとペンケースは袋でしかないんだけどでもこれもアリだと思う。


画像 058


四人のアーティスト。
あーこの絵好き♪とかで選ぶのもなんか楽しいなー。

こちらは限定なので見つけたらお気には即ゲットですよん。

メモンガー(?)

画像 055


幅9センチほどです。

かわいい・・・・。

住友スリーエム:ペーパーカッター

出たついでにふらふらよそのお店をのぞくのは当たり前(?)
京橋のM‘sでこんなものを見つけました。※ここはBun2をもらうのにやたら態度が悪く二度と行かないと思った経緯はあるんだけどねー・・・。←言っちゃった(笑)

ゴンドラ展開(棚で展開するやりかた)をやめて(来てない間に)えらくキレイに改装されてる!
すぐそばに「FUKUYA」があるし文具は限定した形にしぼったよう。

あー話がわき道に・・(汗)
本題です。

画像 050


なにやらかみそりちっくなデザイン。
なんやろこれ?

画像 051


おてがるカッターのようなものですね。

画像 052


刃が手に触れないように工夫されています。

画像 053


ガイドのような「角」があるのでこれを目安で切るわけですね。

どらどら・・・

画像 054


私が不器用なのか(汗)線に沿って切るのはちょい難しいけどぶれたりしないので安全に使えそうです。
これはお菓子の袋を開封する時に便利だー♪(文具的使い方じゃないけど)

他にもゼブラ「産学協同」のウレタンボディボールペン(見た目がバナナっぽい)などもでてましたね。
私は軸が柔らかい素材は苦手なのでスルーしましたが形的にはおもしろいのでカウンターにペンを置くような形態なら使えそうだなー・・と思いました。

続々新製品が出てきましたねー。
春だなぁ・・・・。




サクラクレパス展示会<夏休み工作>:大阪本社

そろそろ暖かくなってきてサクラが咲くかなー・・・なんて思っていたらもう夏休みの工作の提案。
東大阪市の紙文具流通センター内のメーカーさんの展示会もあったんですが
今日はよく行く機会がありながら行ってなかったサクラクレパス大阪本社に行ってきました。

一階はギャラリーになっていて「油絵の具と画溶液」の企画展をやっていました。
ここではアトリエ開放講座「大人のクレパス画教室」なども行なわれるらしく「あーやってみたいな」と思っちゃいました。

画像 049


売場にいてると言ってもメーカーの営業の方と面識があるのは一部の方だけで今日は担当の方と初対面。
Y武さんご案内いただきありがとうございました。
聞いてみたいことはまだまだあったんだけどなー・・・(笑)

画像 048


今回の展示会は夏やすみの工作で例年メインになる紙粘土工作のキットから今年から参入される自由研究の科学実験のキットものがメイン。
なので仕事の話しが大半でしたが(後日うちの店にも投入されますが)有名イラストレーターのペンケースとか「インナーバック」シリーズのペンケース(もう市場に出てますね)などが目新しいなと思いました。

さて前回クレパスは30色まであるとここでお話しましたが現行では24色まで
大人用のものも50色までとなったようです。
水彩絵の具の量販仕様は平成7年からスタートしたそう。
紙箱の形態も違うそうです。(量版仕様は組み立て箱でブルー。一般使用は厚紙でグリーン)


クレパスとクレヨンとクーピーと・・・←まだ考えている。
理屈では理解しててもじゃあどう違うのか・・今日いろいろ話してて思ったんですが
やっぱ目でみなきゃわかなんないなー・・
なんか作ってみようかなーとか思ってしまいました。

せっかくやりかけたのだから自分が納得できるところまでいかなくては「文具辞典」(といってもこれで終わりになる可能性大)とは言えないだろうな・・と思っています。



わっしーの文具辞典(汗)その1

先日「文具辞典」欲しいのお話しはしましたが
本当に欲しいっ!
いやホント。ホントに要りますよ。

この仕事をして今の時期一番多い質問が
「パスとクレヨンの違い」

文具好きならもうおわかりでしょうけど「クレパス」と呼べるのはサクラクレパスの「クレパス」だけなんですよねー・・。
1926年に発売されて商標登録しています。
でもあの幼稚園から小学校で使うといえば(関西は特に)クレパスとなってしまう。

でも幼稚園側も小学校側もメーカーを特定する言葉は使えないわけです。
なので「パス」「パッセル」「パステル」と聞き馴染みのない表現を使うので親は混乱するわけですね。

少し調べてみました。


続きを読む

デザインフィル ミドリカンパニー:伊予和紙便箋<ゆり柄・藤柄>

先日見かけたミドリの「さくらだより」の封筒ないかなー・・でのぞいたペーパークリエーション
あれ?この柄見たことないなーで注文してみました。

画像 044


ユリや藤って初夏から夏の花じゃないのかな?
えー・・・もう?

画像 045


今回の柄はおとなしめ。初夏にぴったりじゃないのかな?
あまり大胆な柄だと使いにくいかも・・・。

画像 046


グリーンがベースなのは個人的にもうれしい。
濃いグリーンのインクやこの色ならブルーブラックでも合いそう。


レターマーケットも初夏モノが出てる。

画像 047


白詰め草柄とクローバーの封緘印がセットされたもの。
ベージュの紙もいいねー・・。


なんかサクラサクラとか行ってる間に新緑もの?
年々はやくなってきてるみたいな気がします。

ミドリからは他にもかわいい「ベビーペンギンホッチキス」とか「ダイカットメモ」の新柄とかも出てますね。

ミドリHP

進化する「おなまえペン」:パイロットタフウォッシュ

この時期お母さん方がこぞって買いにくる「おなまえペン」
今までならフェルトのペン先のものが主流だったけどペン先がボールのモノもメジャーになりつつあります。

画像 036


フェルトのペン先だと繊維と摩擦が起きるのかなー?よく滲んだりするでしょう?
ペン先がボールだとスムーズで滲みにくいですよ。

画像 043


ニードルポイント型で手元も見やすいです。

さて私個人はもう「おなまえ」を書く年代の子はいないんですがずーっと「細く書ける油性ペンが欲しい!」と思っていました。※マッキー極細に比べての基準です。

油性ペンでしか書けない所はみんなマッキーで!なくらい愛用してるのですが紙にとってはどうしても滲んでしまったりかすれてしまうからです。
特に最近では「コート」された紙。
そう宛名ラベルとかがそうですね。
あれうまく書けないんですよねー・・・。油性ボールペンではちょっと「黒」が薄くでるので宛名には向かない感じがします。


画像 042

マッキー極細では
最初はいいんですがインクをぐいぐい吸われてかすれてしまうんですよねー。


画像 041

タフウォッシュでは
書く速度が早いとインクがついてきませんがゆっくり書けば問題なし。
あともっと細く書きたいときは加圧がかかってある三菱鉛筆のビジョンエリートも(これは水性インクだけど)うまくのります。

本来の用途とは違うけど「これにも使える!」ものはいっぱいあるんですよねー・・・。








FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。