スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分オリジナルの切手:フレーム切手<イラスト編>

先日「あるものの図案」を考えていたのですが今日出来上がったものが届きました♪

過去のエントリー:あるものの図案を考える


画像 035


いい感じに仕上がったと思いません?
自作のイラストなら版権も関係ないし思うようなものができるねぇ・・・。

もひとつ作ってみたんですが

画像 034


線が細すぎてイマイチ・・・
やはり白い紙に描いて着色したほうが良いようです。

また何か「降りて」きたらなんかつくってみようかなーと考えています。
スポンサーサイト

お役立ち学童文具:サンスター文具<収納式テープカッター>

仕事では様々な文房具が必要であれこれストックはしているものの家で使う文具は大体決まってくるのかなー?と最近思う。
「道具系文具」では圧倒的にはさみ、のりや接着剤の出番が多い。
書類らしい書類もないからファイルする必要がないので綴じるものはホッチキスくらい。

先日なんか綴じる用事があって初めて家にパンチがない!のに気づいたくらいなのだ。あいたた・・。

それと同時に普段は案外出番の少ないセロテープ。(仕事ではないと困る必需品なんだけど)
でもないと困るのよねー。
本当のとこ仕事場でも使うような大型のテープカッターを常時置いておけばあれこれ使いそうなんだけどそうゆうスペースもないし引き出しに入るようなコンパクトタイプを使っています。


去年学童用に発注したサンスター文具の収納式テープカッターです。

画像 030


カッター部分が露出していないので安全なのもいいし引き出しにぽいと入れておいてもテープが変なとこについたりとかしないし(ごちゃごちゃに入れちゃうからねぇ・・)露出している部分にほこりがついたりもしません。
そしてこれ案外使いやすいんですよ。

使うときはカッター部分をひょいとだして使います。

画像 033


画像 031


もちろんテープ交換も可。

画像 032


もともとはニチバンのテープが入っていますが私はこれにスコッチ「透明美色」のテープを入れて使っています。
形も構造もそんなにこってはいないけどたーまに使うときに「これって使いやすいのよねぇ・・」と思うお品ですね。












文具辞典が欲しい

万年筆に復帰した時も思ったのだけれど案外文房具の「正しい使い方」というのは知らないもので
例えばボールペンでも上に向ければ書けないことは知っていてもよく台がなくてやる壁に紙をあてて書くかきかたも上向き筆記と同じで空気が入ったりして書けなくなる原因になるのだ。

例えばニードルポイントを使うときの注意点とか・・・
色鉛筆の削り方は短めに・・・とか。

普段いろいろとユーザーさんと接して思うのが案外知らない正しい使い方。
そして文具の特性的なもの。

バードマーカーは水性インクと思う人が大半とか
布に書いた油性マーカーを修正液で消せないかとか

バイブル的な本ってないのよねーってこと。

どの文具もセリースなどにはちゃんとかいてあったりするんだけどな・・・。
そんな立派な本でなくても使い方の基本な本があってもいいんじゃないのか?

雑誌のコラム的なものはいっぱい見かけるのにどうして一まとめになった本てないの?
最近の「ストレス」
でしたー!(笑)



マイブーム

ここ一二年ほど「顔がこる」状態になっている。
無意識に顔に力が入っているような感じなのだ。

それは視力の低下とかも関係してるんだろうけどなーんか顔がこっちゃうのだ。(笑)
目元がむくんだりしたらリンパマッサージってのもやってたんだけどそれってこのやり方で合ってるのかなー?自信がない。
肌ってこすらないほうがいいっていうし・・・で本当に何にもしない状態だった。

ついこの間めずらしくお昼のTVを観てると(普段見ないんだけどね)「造顔マッサージ」なるものをやっていた。

サブタイトルは10年前の顔になる

おおおー!見ないわけないでしょ!(笑)

そういや輪郭もぼやけてきた感じもするしほうれい線あたり(頬横のとこね)やおでこも気になるのよねー・・・。
TV出演者の方をモデルに生で実演ということだっのだけれど明らかに変わっている!


きゃー♪これはやんなきゃ!

ちゃんと本も出てるのね。「田中宥久子の造顔マッサージ」
↓付属のDVD
画像


帽子に眼鏡とモノトーンファッション。なかなかかっちょいい系の女性。
そういえば他のTVに出てたの見たことある。
この方60代というから更にびっくり!
姿勢もいいね。見習わなきゃ。

「マッサージ」と聞くとなーんか大層で飛びつかなかったんだけどプロセスはそんなに難しくないです。
顔の筋肉を鍛えるということで肌をうんぬんとかのマッサージとはちがいますね。

今日で4日目ですが(めずらしく飽きずに続けている)何より顔がすっきり!
気持ちいいんですよねー。
最初何回かは「痛いかなー」と思ってたけど3日目には全然平気。
※脂肪があると痛かったりするらしいです。

もちろん気になる部分も改善されつつあるような・・・。
やるにあたっての注意事項もあるのでそこは気をつけつつ頑張ってやってみようと思っています。

効果を実感できるのでお勧めですよ。
さて10年前の顔にもどるかなー?

花柄の便箋

便箋、封筒類を中心に見るようになったからか最近本当に種類が増えてきたなー・・と感心してしまいます。
特にもう新しいの出たの?と思うのがホールマークの商品。

古染箋シリーズとかちょっと大正時代ちっくなものも今までなかった感じだけど他にもいろいろ出てますねー。

柄物では圧倒的に草花柄を選んでしまうわっしー。
とは言え季節がまだ早かったりその時の気分でチェックも曖昧なんですけどね・・・(笑)

画像 023

「唐草小花」と「Cymbidium」です。


シンビジウムは蘭の一種ですが「柄」としてはあんまり見かけませんねー。
画像 024


ラメ入りの印刷になっています。


「唐草小花」は





続きを読む

企業コラボクリアホルダー:ライオン事務器

とりあえずの書類をまとめておくのに便利なクリアホルダー。
可愛いのからお洒落なものまで様々で安くて楽しめるのでいいのがあればまとめて買ったりもするんだけど
こんなん見つけました♪

画像 016

「企業コラボ」と聞くとユニクロのTシャツを思い出すんだけど・・・。

続きを読む

鉛筆と私:トンボ鉛筆MONO100

関西ではあんまり見かけないMONO鉛筆を入手しました。

画像 006


やはり見慣れない姿。
でもかっちょいい!

軸は黒に見えますが濃紺だそうです。

小型の削り器を使うのでスムーズに削れるのが嬉しい。
かりかり削る音まで違うのよねー・・・。

さて三菱鉛筆Hi-Uniとどう違うんだろう?

画像 007


鉛筆に使われている軸の木も違うような気がします。
MONOは削っても毛羽立ちが少ないような・・・。

芯も見た目MONOの方がツヤがあるような・・・。

画像 008


さすが高級鉛筆どちらもカスは出ません。
同じ4BでもMONOは少し固くしっかりHi-Uniは柔らかくなめらかな印象です。

でも線は同じ。
使い手の好みが出るところですが個人的にしばらく鉛筆でお絵描きは続きそうです。




懐かしいノート アピカ:パーソナルノート

定番のノートが紙値上と品ぞろえ見直しでポコポコ空いてきたので急遽ノートを勝手発注。
新学年になってからのノート需要は大きいんだけど通常もノートを探し来るお客さんは多いのだ。
マルマン「ニーモシネ」が自分の定番的なノートになりつつあるけどデザインだけで選んだこのノートがすんごいいい!懐かしい!と思ったのでご紹介。
よそでは見かけないんだなー。なんでそうなるのかしらねぇ・・・。

画像 001


残念ながらタイトルラベルは印刷だけど味のあるデザインやん!
見た目だけで(しかもカタログの小さい写真だけで)選んだけどちょっとびっくり。

画像 003


いい感じのクリーム色の紙。
で、なんか懐かしい。

んじゃ早速「お試し」

画像 004


万年筆もゲルペンも滲まない。裏抜けもありません。
でもちょい乾きは遅いなー・・・。

でもペンのあたりが優しい感じ。いいやんこれ!


いつもいつも思うことなんだけど「新製品」だけが文具じゃない。
発売当初だけ市場に出て埋もれてしまってるものはいっぱいあると思うのだ。
小売り店さんなら「お気に」を継続発注してくれるかもしれないけどうちの様な量販店では今まで置いてたものでもいきなり商品構成替えの名のもとにあっさり定番からはずされてしまう・・・。

もうこうゆうのが我慢できないんだなー(もちろん個人的にだけど)
前から出てるものでも新しく出たものでも同じ文具。
うちの店から「発信」なんてできないけどそれでも「これいい!」は継続して続けて行きたいとこのノートを手にして思うのでした。

文具は奥が深いわーやっぱ。





パソコンで簡単!ラベル作りに挑戦。

普段のお手紙は住所印を持ってるのでほとんどそれを使うんだけどせっかくだから季節や封筒に合ったラベルがあるといいなーと思っていた。
プリントゴッコだとどうしてもまとめて刷らないといけないし引越ししちゃったら(する予定はないんだけど)パーになっちゃう・・・。

A-ONEのラベル屋さん(フリーソフト)でラベルを作ってみました。

画像 3037


実はこうゆうの苦手なんだけど(本当にパソコンて使いこなせてない)やってみるとおもしろいし仕上がりもいいのねー。

慣れたらいろいろ作ってみたい。

画像 3043


フリーでとれる素材はいろいろあるみたいでこれはナカバヤシのHPのもの。

写真も使えるねー。

画像 3042


用紙はコクヨのりラベル12面四辺余白付きを使いました。
差出人と宛名ラベルを一度に6枚。
ファイルを保存しておけばなくなったとき何回も刷りなおせるし住所が変わっても修正しやすいですよ。

自分で描いた絵を取り込んで作ってみてもいいなーと思いました。



コクヨ:カドケシ5周年アニバーサリー<アニマル柄>

もう5年にもなるのかー「カドケシ」
で、投入の資料は白黒で小さいのでてっきりカドケシに柄を入れるのかー・・とか思っていた。

はいー!こうゆう感じ。

画像 3038


今回のセットパッケージは凝ってていつもは捨ててしまう(展開しづらいからよく捨ててしまうんですよ)んだけどまんま使ってみました。
ここには写ってないけどディスプレー用の組み立て紙動物がよくできています。(てか・・そこ?)

単体とミニのセット

画像 3039


画像 3040


そうですスリーブに柄なのねー・・・・。
で、なんでアニマル柄なのか?そこんとこじっくり聞いてみたいお品なのでした。

ま。いいんだけどねー楽しいから。
どこまで行くの?カドケシ。

だからこの形って完成されてるから収納用品とかで出して欲しいなー。

サクラ柄の便箋

年が明けてすぐに出回りだした「サクラ柄」
去年もそれなりに買っていたけど本当に多いよねー。
一社だけでも何種類も出てる。
最初はよかったけどあんまりピンクピンクしてるのもなんだかなー・・・。

画像 3029


オーソドックスだけどちょっと変わった便箋封筒です。

何が変わってるって・・・

続きを読む

iroshizukuのおへそ

注文残でオーダーはしているものの入荷の見込みがまだまだ先になりそうな「色彩雫iroshizuku」
今回の展示会ではどの色がオータムコレクションで一番気に入った色だったかの確認をしてきましたがどうも「朝顔」でも「月夜」でもなく「紺碧」だったとゆうことが判明・・(汗)

あひゃー入手はまだまだ先になりそう・・・・。

さて生産遅れの原因のひとつはボトルにもあるようで

画像 3035


iroshizukuのボトルは万年筆のインクボトルにしたら高さがあって安定のために底があついのかなーと思っていた。


続きを読む

パイロットコーポレーション:スプリングコレクション2008

今日はパイロットさんの展示会に行ってきました。

画像 3023


いつもはバシャバシャ写真を撮って帰るところなのですが今回は発売前商品も多数あるため写真はダメ・・・。
あー・・残念。

4月発売の商品でみなさんがおお!と喜ぶ商品がいろいろありましたよ。

レガンス89Sとレグノ89Sの兄弟とか・・・。
○○ボールの高級軸バージョンとか・・・。
で年末に出た○○○も新色展開を計画中とか・・・・。

実際見てみてこれはいい!と思いました。
今から発売が楽しみです。

うー・・ん。やるねぇ。パイロット。

パイロットコーポレーション:カスタム74<ノンカラー軸>

iroshizukuの入荷はまだなんだけど(なかなかだねー・・)カスタム74の透明軸は入荷しました!

画像 3018


なんとなくかわいい♪
全部が全部透明ではなくてスモークが入ったデザイン。


↓オータムコレクションでの参考出品のカスタム
画像 2503


はい分解。

続きを読む

手芸売り場をのぞいてみよう。

新入学入園シーズン到来で手芸売り場のワッペンの品ぞろえも広がってきています。
保育所とかでは持ち物の名前かわりに「自分マーク」的に帽子などにワッペンつけたりするのだ。(見て自分のだってすぐわかるでしょう?)

いろいろ小ぶりで可愛いものがあるねー。

画像 3009

文具の柄でもよく見かけるてんとうむしとクローバー。
他の動物ものも「使えそうです」ね。

プリントゴッコでは大量に作らないともったいないし
ちょっとカードが欲しいなー・・な時に簡単で効果的なやり方ってないかなー?で思いついた手。


木工ボンドをつけて
画像 3010


ぺた。
画像 3011



あらかじめ絵を描いておいて
画像 3008

※今回はインクバーのグリーンと顔料系のゴールドで


ぺた。
画像 3012



スクラップブッキング用のクラフトシールもいいけどもう「出来上がってる」感じがするのとテーマがウエディングもの赤ちゃんものが主になってしまうので自分が欲しい素材を探すのが難しい時もあるのだ。
最近は季節のイベントものとかバリエーションが増えて嬉しいんだけどね。


さて他にも手芸売り場にはいろいろ「お宝」があるのだ。




続きを読む

セーラー万年筆:インクバー

一ヶ月ほど前に発注したもののなかなか入荷しなかったインクバーやつとこ入荷しました!

画像 3002


全10色。
プラボディですっきりシンプルです。

画像 3005


どんなペン先なのかなーと思っていたけどほぼ万年筆と言っていいようなペン先です。

画像 3007


書いてみてちょっと万年筆のペン先に比べると上方向に反ってる感じがしますねー。
でも書きここちはいいですよ。
カリカリ感はあんまり感じません。

画像 3006


では気になるお色。



続きを読む

鉛筆と私:三菱鉛筆UniとHiーUni

小学生の時は何も考えなくても全員鉛筆でしかも2Bでと学校で決まっていたので使ってはいたもののB以上の鉛筆の芯は(当時から筆圧が強かった)すぐ減るわ炭のようなカスが出て紙が汚れるわ手も汚れるわでどちらかと言えば扱いにくく好きではなかった。

今みたいに鉛筆用のグリップもなかったからすんごいペンだこができて「これって消えないんだろうなー・・」とか子供心に憂鬱になったりしたもんです。
※大人になったらしらんまに消えてたけど(うっすらそんな感じは残っているけども)


高学年になって細い字が書きたくてHや2Hあたりを使い出すようになり字の濃さが薄くなってよく怒られたりもしていました。

(それも字を書くということに関しては・・・であって絵を描くとなるとまた違うんですよねー。)

鉛筆卒業は小学生卒業と同時くらい。
今は小学4年くらいからシャーペン使ってるけど今みたいに安いのなかったしね。
そこからぜーんぜんといっていいくらい鉛筆から遠のいていた。
(マークシート式の試験の時くらいだね。使うの)


さて多分今後も鉛筆使うなんてないだろうなーとか思っていたらプリントゴッコの原稿に鉛筆が使えてしかも表現力があるのをわかってからにわかに鉛筆が気になりだした。

それまで持っていたのが

画像 2999


マークシート試験用に急遽買った三菱のBOXY(HB)
これは下書きにはいいんだけど版を作るときはB以上でないとあかんかったはず。
で、持っていたパントーンのどでか鉛筆(8B)で描いていたが細かく描くにはあの太さではやりにくい。

で、この歳で鉛筆を買うことに。


続きを読む

夕刊フジの記事

旦那が文房具の記事が載ってるから・・で持って帰ってきた。

夕刊フジのこの記事。

画像 2997


「男の筆記具」厳選26品

うーん・・まず「男の」と来るのは読者がほとんど男性だもんな。仕方ないよね。
読んでて思ったのがなんか「偏り」があるんとちがう?

画像 2998


こんゆう記事を見てるとなにかと難しく書いてあったりさもこれが一番な書き方だったり(仕方ないんだけどね)なんか読んでてあまりいい気分にならない。
なんでかな。

まるでファンションの一部のように扱われてしまってるからなのか。
なんか気に入らないと思ってしまうのは私だけ?かなー。

てかこうゆう記事って記者名載るのにそんなんもないのかー・・・・。


プリントゴッコで遊ぼう!:カード作りに挑戦。

専用の原稿用紙も用意したしヴァレンタインデーも近いてことでカードに挑戦してみました。

画像 2992


あんまり考えないでやってしまうわっしー(汗)
表紙と中の柄をひとつの版でとるつもりでしたがふた柄上下逆に描いた方があとの位置合わせがしやすいです。
同じ方向だと折ってから刷らなくてはいけないので難しくなります。

(どちらが先でもいいけど)中の図柄をまず刷ります。

画像 2994


最初の柄のインクの上にセロテープや要らない紙をかぶせてもうひと柄。

画像 2993


今回はぺんぎんがテーマだったので目玉合わせはなし(笑)
鉛筆で原画を書いて版が取れるので本当に手軽にできます。


Bun2<二月号>

イロブンきだてさんが連載スタートてことで今後更に見逃せない「Bun2」

画像 2995


うちは配布店ではないので休みの日によそのお店に行ってもらってこなければならず見逃した号もあったのだけれど「どちみち取りにいきますから」で先号からつんちさんより提供していただいております。
つんちさんありがとう!助かります。


画像 2996


うーん。かっちょいいぞきだてさん。

今号は「手書きの魅力再発見」特集なのだけれどどうも「道具」の紹介が多く
具体的な「手書き」は紹介されてなかったけれど毎号新製品など紹介されていていつユーザーさんから「これ置いてないの?」の質問がこないか恐かったりしている。


つんちさんも最後のページに付箋をうって「?(笑)」となっていたけど次号は4月発売です。


プリントゴッコで遊ぼう!:PGスタンプ

簡単でアイディア次第でいろなんなものができるプリントゴッコ。
他になんかできないかなー?で「PGスタンプ」基本セットを使ってスタンプに挑戦してみました。

画像 2990


まず基本セットで道具をそろえます。
この基本セットにはアタッチメントや原稿フィルムなどがセットになっていてスタンプはSサイズ(23mm角)を作ることができます。

今回は別売りのLサイズ(23mm×55mm)で簡単なネーム印を作ってみました。


続きを読む

パイロットコーポレーション:クレオロール<ブリリアントカラー>

オータムコレクションで見て発売されたら仕入れよう!と思っていたクレオロール。
もうすでに店頭に並べたもののバラ展開などできるスペースもないしなにか提案的な展開をしなければ・・・で連れて帰ってきました。


画像 2978


ブリリアントカラー16色セットです。
お絵かきの基本色ですね。


もう何回もここでお話ししていますが私は
塗り絵嫌いです(笑)

こどもの頃に塗り絵はしたものの色鉛筆だと堅くて塗るのが大変だったりパスでは手が汚れるわこすれて色がぐちゃぐちゃになったりとか
※塗るのが下手というのもある
なんしか嫌いだった。

これはゲルマーカーの進化系になるのかなー?
軽く塗れるホルダー式クレヨンなのだ。



続きを読む

ミドリトラベラーズノートリフィルのMDペーパーについて

ただいま「業界」は展示会などが始まっていて問い合わせたものの担当の方がつかまりにくく時間がかかりましたが・・・



トラベラーズノートのMDペーパーは当初白色のものが出ていてクリーム色のものは後発なのですが色を入れる時に着色剤などのものを含むため厳密に言うと差があるそうです。
ただ現在その差をなくすべく努力の途中なのだけれどどうしても原反のロットがあるのですぐには揃わないだろうということでした。

MDノートの販売も始まっていて私は実際のものをまだ手にしてはいませんがサンプルを見ていると当初の紙質よりもかなりいいものになっていると思います。

以上ご報告でした。



あるものの図案を考える

気ままに絵を描いたりするのはよくやるけどサイズの決まったものに描くのはあまりない。

240mm角の中に絵を描いてみました。
はい。このサイズでピンと来た方!おぬしもやるのぉ・・・。

画像 2973


宛名ラベルにも使った風見鶏の原案(汗)
これで原案です。

意外に小さい240mm。

画像 2975


モノクロでは映えないと思うので着色したけど・・・。
こうゆうの難しいねぇ。

ひとつはもう決まり。

画像 2974


これを切り抜いて添付します。

さてどうなるかなー?

プリントゴッコで遊ぼう!<原稿用紙を使って位置合わせ>

いつもはトレペで原稿を作ったりしていたが二版にするとズレるの気になる。
で、専用の原稿用紙(コピー箋みたいなもの)を使うことにしました。
しかしどんだけ作るんだ?

画像 2967


今回は風見鶏とヤギの絵にしてみました。
この用紙はうっすら透けるのでそれを頼りに(まだアバウト)二版に挑戦。

画像 2968


一版目は輪郭が主です。



画像 2971

郵便番号枠も同じ色にしたほうが良かったなぁ・・・。

画像 2972



目玉をドンピシャ位置合わせはまだ技術がともなってないので色を重ねる程度ですがま、それでも仕上がりは素朴な感じでいいでしょう。

ネコも

画像 2969


これなら恐くないでしょう?
三版ぐらいまではなんとか出来るようになりたいですねー。

外は寒いししばらくはお家でお絵かきして遊びますよ。

FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。