スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筆記具のトラブル<万年筆編>

店頭にいてると、不具合でお預かりする機会もたびたびあります。
文具全般に言えますが(私も含めて)えてして説明書は読まないものだと思います。
なんとなくでも使えちゃうのが文具。
難しくないのがいいのですが、知らずに間違った使い方をしていたりも多いものです。


万年筆の場合多いのが「少し置いておいたら、書けなくなってしまった」というもの。
結構な期間インクを入れたまま、横にして置いておくと、インクはペン芯を通じて蒸発してしまい
固まってしまいます。
部屋の温度やら、字幅やらできっちりした期間はないものの、一ヶ月も置いていると
「減ってる」状態が見られますね。(これは個人の経験)
ま、それくらいの(一ヶ月に一度使うか使わないか)ならまずはペン先を上にして立てて保管したほうがいいでしょう。
(一日二日くらいなら横でもいいと思うが・・・。)
立てておくと、インクの出始めがスムーズでないこともありますが、ペン先をちょいと水に漬けると
インクが水に誘われて出てきますよ。


これは「うそ?」と思われるかもしれませんが、普通にインク切れで「書けない」とお持ちいただくこともあるにはあるので、(そんなに使ってない印象があるのでしょう)
まずはカートリッジなり、コンバータのインク残量を確認。
なくなっていたら、インクを補充するか、長いこと使ってなかったなら首軸部分を水に漬けて洗浄しましょう。

万年筆のインクは水溶性なので、あれこれ考えず、水に漬けてインクの色が出なくなるまで、気長に水の交換をすれば、ほとんど大部分が書けるようになります。
絶対に洗剤やら、漂白剤やら使わないこと。
たまに「水道水のカルキが気になる」とか聞きますが、一晩置けば金魚も泳げる真水になりますよ。



どれくらいの期間で洗浄したらいいのか。の質問も聞いたことがあります。
そんなに神経質にならなくてもいいんですよ。
詰まりがあると「なんだか具合がいつもと違う」感覚があるはずです。
※別の理由でそうゆうことが起こることもあるけれど。
どうしても気になるようでしたら、「カートリッジひと箱使ったら洗おう。」
とご自分なりのペースでいいと思います。

万年筆は基本、「使ってメンテナンス」と思って落書きでもなんでもいいから、毎日インクを出すようにしていただけるといい状態が保てます。


問題はそんな単純な理由で書けなくなっているもの以外です。


今までお目にかかったもので、何点か記しておきます。



続きを読む

スポンサーサイト

ほったらかしはダメよ。

一時はとっかえ、ひっかえいろんなインクで楽しんできたけれど、ここんとこ決まったペンしか使わなくなってきた。

実は年賀状を書いていたとき、(その時とても気持ちが不安定だったため)万年筆って恐いと思ったため、
自分の不安定さがまともに字に出てしまう。
違う意味での万年筆の特性を実感しました。

そうゆうのはさておき、


インクを入れたまんまでほったらかしはダメなのだ。
特に書き出しがスムーズに行くように寝かして引き出しに入れてたら、インクが蒸発してキャップ部分が汚れたり、
さらに放置で完全に蒸発したら、インクが固まって詰まりの原因になるのだ。

ここいらで、一気に洗浄して保管することにしました。

超音波洗浄器は細かい振動で、早く汚れを落とすことができるみたいだけれど、
その道のプロから言わせれば、非常に危険だそうで、
メッキ部分はキズの入ったところからはがれてしまったり、首軸の中に隠れている「槍」部分のねじを緩めてしまったりするそうです。
「槍」とはカートリッジやコンバーターを支える部分の名称で、固定されてるものもあるのだけれど、
モノによってはねじ止めされてることもあるようです。

万年筆の部品ってどの部分も大事だもんね。ここはじっくり水につけることに。

続きを読む

可愛い子には旅をさせよ・・・させてみました。

先月の末ころになりますか・・・実は中屋万年筆を調整に出していました。

本日お帰り。

画像 307
レグノ89Sをお供にしました。
パイロットのペン先はたわみが感じられて万年筆らしいんですよねー。


インクを入れたままの調整だったので、配送中に揺れでインクが少しもれていました。
これはどうしようもないんですね。
なのでペンケースに入れて移動するときは上を向けて持ち歩きましょうね。

キャップの中にもれたインクや、首軸に付いたインクをぬぐって、いざ書いてみます。


画像 308

お!インクの出が少なめになってる!

実はペン芯を細字のものに交換してもらいました。(これは無償)ペン先自体の交換も考えたんですが、字幅的には自分の好きな範囲内。※太字ですが、研いでもらったりでかなり中字に近い字幅になっています。ペンポイントがおおきい分、許容範囲も広いから細字にない書き味も楽しめるのが魅力。(ペン先交換の場合予算の加減もあるが・・・大汗)

いつも同じ姿勢で書くとは限らないでしょう?(自分専用の机もないし)
てけてけ文具散歩の場合は特に、喫茶店だったりレストランだったり、マクドだったり、
お店によってテーブルと机の高さのバランスは違うんですねー
書く角度が変わると、万年筆の場合非常に影響を受けるもんなんですよ。ホント。


この子はインクの出がいいので太く出るし(元々太字だからだけど)、字の小さいわっしー的にはよほど吸いのいい紙でないと使いにくいな・・・このままでは「お出番」が少なくなるような気がする・・・。そいでもって、もうちょっと「たわみ」があるほうが・・・←きりのない悩みだが(汗)。

対面で対話しながらの調整ではないので、実際送ってみて状態を確認してもらいながら(メール対話)で進みましたよ。
一度ペン芯を交換してみて様子をみてはどうですか?とのアドバイスに従うことにしました。
本来なら細軟を選べばよかったんでしょうけど、当時のわっしー的には筆圧強めだから硬めなペン先でいいかなーと気にもならなかったんですねぇ。
今回の調整で、も少し出番が増えそうです。
ともかく「使い続けること」これが一番の調整になると思っています。


万年筆って同じメーカーの同じ字幅でも、ペン先の素材や軸の太さ、持つ位置なども関係して、(もちろん書く紙にも影響を受ける)非常に個体差が出るので、実際に使い始めないと本当のところはわかりませんね。いい勉強になりました。





母の昔の万年筆:復活編

吸入式なのはわかったものの、肝心のゴム部分が脱落して、このままでは使えない・・・
な母の昔の万年筆。
親切な方が「修理ききますよ」とおしえていただいたので、即座にパイロットさんに送っていました。

本日お帰り~♪

画像 165

説明書とぴっかぴかのキャップがついてきました。
「たまたまあったのでキャップも特別に付けます」とのことだったのだけれど・・・


画像 167

なんかバランス的にこちら金ピカの方が元々のキャップのような気がします。
母さん、他の万年筆のキャップと間違ってはめてない???(汗)


さて修理具合ですが、当然脱落していたゴムは装着され(つか、見えないけど)


画像 166

ペン先は磨かれて、リングがはまっています。
そっかー・・・リングも脱落してたのね・・・。

こちらは「中パイプレバー式万年筆」と正式には呼ぶらしいです。


初対面だけど、なんとなーくインクはレバーを何回か倒したりして吸い上げる、のはわかる。
大体カートリッジ式しか元々知らなかったし、コンバーターの使い方を知って楽しくて仕方なくなっちゃった万年筆。
手間かかるけど、インク瓶からインクを吸い上げるのが楽しいんですよねー。

じゃあ、早速!




続きを読む

母の昔の万年筆

昨日実家に寄った際に、「こうゆうのあるよ」と母が出してきたのがこちら

画像 148


おや、懐かしい形。
私が持ってる昔タイプのよりも長め。へぇぇ・・・。
パイロットのものですね。
細身の昔は主流だったスタイル。
樹脂の触り心地も懐かしいものがあります。


キャップをはずすと、

画像 149

爪型のペン先です。

画像 150

首軸部分のくぼみも見たことなかったし、いつごろのデザインなんだろう?
どれどれと中身を見てびっくし!



続きを読む

パイロットコーポレーション:グランセNC

先日のスプリングコレクションで一目見ていいなーと思ったグランセ万年筆の限定色です。

画像 1362

この春はキャプレスデシモも限定色が出て、見逃せませんよ。
グランセモデルは秋の展示会で見ていいなーと思った万年筆。
堅苦しくなく一見万年筆らしくないところがポイントです。

アースカラーがテーマということでパール感のある淡いブルー、ちょっと珍しいグリーンとブラウンです。
※赤とシルバーは定番商品。他に黒と紺があります。

パイロット:グランセNC


画像 1363

赤と迷ったあげくにグリーンをチョイスしました。
14金、ロジウムメッキ、黄銅に塗装のボディです。

今まで一万円クラスの万年筆はコンパクトタイプが多かったけれど、こちらはほっそりしたレギュラータイプ。でもって14金はお買い得でしょう!

毎度のことながらコンバーターで・・・



続きを読む

ON LINEの万年筆

ドイツでは子供の頃から万年筆を使う練習をするらしいですね。
日本は鉛筆にこだわってるけど、漢字があるからなのかな・・・
「筆」とまではいかないまでも万年筆ならボールペンよりは「トメ」や「ハライ」もできると思うんだけど。


画像 1353

先日買ってきた「ON LINE」の万年筆にインクを入れてみました。

画像 1354

ひとつはおとなしめのデザイン。
マットブラックにちょっと大胆なクリップのデザイン。
今回はカートリッジで


画像 1356

ヨーロッパ型になっています。
私はもっぱらコンバーター専門なのでカートリッジはいただきもの。
モンブランのラブレターインクをいれてみました。



続きを読む

手作りっていいなー:ロングプロダクツ

いつもは電車で移動がほとんどなんですが今日は久しぶりに車でおでかけ。
大阪は生野区にある「ロングプロダクツ」さんをたずねてきました。

今の寝屋川市にくるまでお隣の東成区に住んでいたこともあるし、親戚はすぐ近くの布施方面なので大体の土地勘はあります。
コクヨ本社も近いですね。

実は年末にお伺いする予定だったんですが、どうしても私の都合が悪くて見送ってしまったのでした。

画像 1270

今回はちょっとご挨拶ということで写真は撮りませんでした。(てかアポなしでっせ・・・すいません)
五十音のエクステンダーもロングプロダクツさんが作製されてるので宇井野さんも来られるようです。

藤本さんは笑顔が素敵な工場のおじちゃん的な方で、研究熱心なところがぐいぐい伝わってきます。

いずれ詳しくここでお話することになると思いますが、ひとつひとつ手作りで作るところを見るのって素敵♪
周辺は下町な住宅街なのもこれまた素敵。
次回はじっくりお話してきます。


京都散策:その前に・・・

先日清水の舞台から飛び降りたまんま(まだ腰が抜けたまんまだよん)で詳細をご紹介できなかったのには訳が・・・

実はうきうきして早速インクを入れたもののインクフローがよすぎて字幅が太く出てしまうので再調整をお願いしていました。
あんなに試したのに(インクも通してもらったのに)わかんないもんです。
インクの種類にもよるのでしょうねぇ・・・。
またまた、万年筆の不思議を経験しました。

さて・・・・

続きを読む

神戸散策:ペン&メッセージへ・・・そして・・・。

一日休みの日にこもったおかげで元気復活!
まだまだ行けるでぇー!

さて今日はどこへ行こうか。
土屋鞄製作所に行こうかと思ったものの火曜日は定休日。
ぬぬ?火曜日ならあそこが開いてるじゃない!で神戸三宮までやってきました。

いつも電車から見える不思議な建物。

画像 1062

すんごい個性的でしょう?
まずはこちらの4階で腹ごしらえ。(ファッションビルでした)

三宮からはセンター街から元町へもてくてく歩いても楽しいし、高架下をてくてく歩いても楽しい。
なにかしらお店があるから本当にすぐです。


で・・・・ついに「やっちまったなー!」ですよ。



続きを読む

FC2カウンター
プロフィール

わっしー

Author:わっしー
梅田のどこかで文具じゃないものの販売をやっています。
たまに文具店に行くとテンション上がりすぎて困っています。

最近の記事
ご質問はメールでどうぞ。

adopt your own virtual pet!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
おすすめリンク
いつもお邪魔しているページです。
カテゴリー
検索フォーム
最近のトラックバック
FC2ブログランキング
ランキングに参加しています。

FC2Blog Ranking

トリップアドバイザー
カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。